人体と数値膵臓働き機能
膵臓pancreas

膵臓(すい臓)の働きと機能とは?

膵臓の働きと機能

膵臓(すい臓)の働きと機能についてご紹介します。

膵臓はおなかの後ろ、胃の裏側に位置する消化器官です。なかなか馴染みの薄い臓器の一つですね。

今回はそんな膵臓について、その働きと機能を分かりやすく解説していきます。

食べ物を消化する膵液を作り、十二指腸に送る働き

膵臓の働きの一つは、すい液を作り出すことです。

これはいわゆる、膵臓の外分泌機能と言われるものです。

膵臓は1日に約1~1.5リットルのすい液を分泌しています。

膵臓から分泌されたすい液は十二指腸に送られ、消化酵素で栄養を分解し、小腸での吸収を助ける働きをします。

すい液に含まれる消化酵素は非常に強く、タンパク質脂質炭水化物3大栄養素の全てを分解します。

血液中の糖分の量を調節するホルモンを分泌する働き

膵臓のもう一つの働きは、血液中の糖分の量を調節する働きです。

これはいわゆる、膵臓の内分泌機能と言われるものです。

膵臓には多くの外分泌線の中に少数の内分泌腺が小島のように存在しています。これらは発見者の名前をとり、「ランゲルハンス島」と呼ばれます。

ランゲルハンス島から分泌されたホルモンは、血液中の糖分の量を調節する働きをし、体内の血糖値の上げ下げをうまくコントロールします。

ちなみに、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの機能が低下すると高血糖状態となり、糖尿病を引き起こす原因にもなります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク