尿酸値とは?尿酸値の意味と概要

人体と数値尿酸値尿酸値とは
尿酸値uric-acid-level

尿酸値の意味と概要について

尿酸値とは?

尿酸値とは、血液中に含まれてる尿酸を数値化したものです。mg/dlで表現されます。

尿酸とは、体内の核酸の成分であるプリン体が分解されてできる成分です。

通常、尿酸は老廃物であるため排出されます。したがって、尿酸値の数値も正常を計測します。

ところが、酵素の異常などにより尿酸が体内にたまる場合があります。これがいわゆる痛風の原因となります。

尿酸値を測ることで尿酸値が高い場合は、痛風、高尿酸血症、尿路結石、腎機能障害を引き起こす可能性が高くなります。

一方、尿酸値が低い場合は、低尿酸血症、酵素の欠損症、腎機能の異常を引き越す可能性が高くなります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク