あわびの旬は?

あわびabalone

あわびの旬の時期は7~8月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 あわび 分類 ミミガイ科
旬の時期 7~8月ごろ 主な産地

岩手、千葉、長崎など

効果 関節痛の予防、肝機能の向上、高血圧の予防(詳しくはあわびの効能へ)

あわびの旬は7~8月 夏に旬を迎える

あわびの旬は7~8月の、夏の時期に迎えます。

国内で主に食されるあわびには「クロアワビ」「メガイアワビ」「マダカアワビ」「エゾアワビ」があります。

じつは、あわびの旬は全体的には夏ですが、冬の時期にも旬を向かえます。生息地が異なるため旬の時期も違いがでます。

夏に旬を迎えるあわびは、クロアワビ、メガイアワビとなります。また、エゾアワビは冬に旬を迎え、北海道や東北が主な産地となります。どのあわびも、産卵前が身が肥えておいしい時期です。

あわびと一口に言っても、比較的安価なものから高級なものまで様々な種類があり、数ある中でもクロアワビは最高級として扱われています。

クロアワビは房総半島の南の暖流域で獲れます。房総半島ではあわびだけでなく伊勢海老も有名な場所です。

また、あわびは天然と養殖が貝殻で見分けることができます。養殖のあわびは「グリーンマーク」と呼ばれる緑色をしています。

あわびは刺身でいただいてもコリコリした食感で美味しく、酒蒸しなどにしても美味しく食べられます。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク