金目鯛の旬は?

金目鯛alfonsino

金目鯛の旬の時期は12~2月、5~6月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 金目鯛 分類 キンメダイ科
旬の時期

12~2月、5~6月ごろ

主な産地 静岡、神奈川、千葉など
効果 動脈硬化や心筋梗塞の予防、コレステロール降下作用(詳しくは金目鯛の効果へ)

金目鯛の旬は12~2月と5~6月、日本食や洋食でも大人気!

金目鯛の旬は一年に2回あります。

12月~2月冬で最も脂がのった時期。5~6月の産卵前の初夏の2つが旬になります

旬の時期の金目鯛は、どちら時期も脂のりがよく美味しいとされていますが、特におすすめなのが、脂の乗りが最もよい冬が旬の金目鯛です。

伊豆沖や銚子沖、四国などに多く生息しているため、その地域の漁獲高が多くなっています。

特に大島近郊で一本釣りされた金目鯛が最高級品として扱われていて、トロ金目といわれています。

水深200メートル以上の深海に生息している深海魚のため、大きな目が特徴になります。

新鮮な金目鯛の選び方としては、目が澄んでいて金色に光っているもの。ウロコがしっかりとついていて、金色に輝いているものを選びましょう。

食べ方としては、新鮮であれば刺身で、また、煮つけや鍋物にしてもおいしくいただけます。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク