甘酒とは?甘酒の意味と概要について解説します。

食品・食材飲料 一覧甘酒甘酒とは
甘酒ama-zake

甘酒の概要

名称 甘酒 学名 -
別名 ジャパニーズヨーグルト
分類1 飲料・嗜好飲料 分類2 -
原産地 - 主な産地 日本

甘酒とは?

甘酒は、炊いたお米と米麹で作られた飲み物で清涼飲料水(甘味飲料)の一種です。別名、ジャパニーズヨーグルトとも呼ばれます。

甘酒

甘酒とは日本の伝統的な甘味飲料で、発酵食品の一種になります。甘酒は本来、炊いたお米と米麹を原料にしたものですが、酒粕を原料にした甘酒もあり、大きく2種類に分けられます。

麹を原料とする甘酒は、米麹と炊いたお米を使い50~60度で寝かせると、麹菌がお米のでんぷんをブドウ糖オリゴ糖に分解し甘味をだします。そのため砂糖は使わずカロリーが低めで、さらにアルコールも含まれずノンアルコールなので妊婦さんや幼いお子さんも飲むことが出来ます。

一方、酒粕を原料とするものは酒粕に水と砂糖を加えて作るため、カロリーが高くなりさらにアルコールが含まれます。ただし酒粕を原料にした甘酒にも、酒粕の豊富な栄養が含まれています。

甘酒の特徴は含まれている栄養素の豊富さにあります。ビタミンB群、アミノ酸、ブドウ糖を含み、これらは栄養剤としての点滴とほぼ同じ成分であることから、「飲む点滴」ともいわれます。

今では、冬場に飲まれることが多い甘酒ですが、江戸時代には夏バテを防ぎ、体力を回復するための「夏の栄養ドリンク」として、夏に飲まれていました。

加えて甘酒は吸収されるのが非常に早いという特徴もあります。甘酒に含まれるビタミンB群は肝臓のアルコール分解酵素の働きを活発にすることから、同じく江戸時代では、お酒を飲む前に悪酔い防止のために飲まれていました。

また海外では、味噌醤油と並ぶ日本を代表する発酵食品として「ジャパーニーズヨーグルト」とも呼ばれています。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク