赤貝の旬は?

食品・食材赤貝 > 旬
赤貝ark-shell

赤貝の旬の時期は11~3月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 赤貝 分類 フネガイ科
旬の時期 11~3月ごろ 主な産地 宮城、愛知、大分、中国、韓国など
効果 肝機能血糖値降下作用、貧血予防(詳しくは赤貝の効能へ)

赤貝の旬は11~3がつごろ 冬から春先がおいしい

赤貝の旬は11月~3月ごろです。冬から春先が美味しい貝です。

旬の時期の赤貝は産卵に向けて、身が大きく成長しています。反対に産卵後の夏の赤貝は身が痩せておいしくありません。

また、この時期には、おなじ貝類の牡蠣も旬を迎えます。

赤貝の食べ方は、お刺身がもっともおいしく貝の風味が強く味わえ、コリコリとした独特の歯ごたえが楽しめます。

また、お酢と相性が良いことから酢の物は定番です。また貝のヒモは身よりもおいしいともされ、珍味として巻物や軍艦、和え物などにして食されます。

旬を迎えると、東京湾や伊勢湾などの日本各地の海で獲れますが、近年は漁獲量が減少しています。

そのため、市場に出回っている赤貝の多くは、韓国や中国から輸入したものになりつつあります。

また、赤貝は別名「血貝」とも呼びます。赤貝の身の赤さはヒトの血液の色素と同じヘモグロビンを含むためです。鉄分も含む赤貝は貧血の予防に効果的です。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク