食品・食材果物 一覧栄養効能
asian-pears

【梨の栄養】シャリシャリの食感が魅力!梨の優れた効能4選

梨の栄養と効能

シャリシャリとした食感に程よい甘みが魅力の梨。

約90%が水分の梨は、独特な食感だけでなくみずみずしさもあり、食後のデザートには最適な果物です。

水分が多い分、含まれる栄養は少なめですが、アミノ酸などの栄養を含むため、疲労回復に進められている果物です。

今回は、そんな梨の栄養と優れた効能についてご紹介します。

夏バテ対策に!アスパラギン酸、クエン酸 - 疲労回復の効能あり

梨にはアミノ酸の一種であるアスパラギン酸に、クエン酸やリンゴ酸といった有機酸などの栄養が含まれています。

梨と主な果物類とのアスパラギン酸含有量の比較

「日本食品標準成分表2015」より (可食部100gあたり)

梨に含まれるアスパラギン酸は特別豊富な量ではありませんが、和梨、洋梨、中国梨の3種類の中で最も多く、さらにはレモンキウイを上回る量を含んでいます。

アスパラギン酸やクエン酸やリンゴ酸は、TCAサイクルの合成を円滑にするとともに、乳酸を分解してエネルギーに変える栄養で、疲労回復に効果的です。

また、さくらんぼは素早くエネルギーに変わる果糖ブドウ糖などの栄養も含むため、疲労回復や夏バテ解消に有効な果物です。

プロテアーゼが消化を促進 - 胃もたれ防止の効能

梨にはプロテアーゼという成分が含まれています。

カットした梨

プロテアーゼは、タンパク質を分解する消化酵素の一種で、肉や魚などの消化を促す効能があります。食後のデザートに梨を食べることで、胃もたれの予防に効果があります。

また、キウイフルーツにも、同じくタンパク質を分解する酵素アクチニジンが含まれています。一緒に食べることでより消化が良くなるため、胃腸の調子がいまいちの状態に最適です。

便秘改善の効能 - 食物繊維&ソルビトールの相乗効果

梨は便秘改善の効能に優れた果物です。

梨のシャリシャリとした独特の食感は、石細胞(せきさいぼう)のペントザンと、食物繊維の一種であるリグニンによるものです。

ペントザンは、リグニンと同じく不溶性食物繊維と同じような働きをするため、蠕動運動を促し、便通改善に作用します。

また、整腸作用のあるソルビトール(糖アルコールの一種)も含まれているため、食物繊維との相乗効果で便通がさらによくなり、大腸がんの予防にも効果があります。

カリウムも含まれる - 高血圧予防の効能、むくみの改善効果

梨にはカリウムが含まれています。

カリウムはミネラルに分類される栄養で、細胞内の水分量を調節したり、血圧を安定させたりするため、高血圧予防に効果のある栄養です。

また、カリウムの利尿作用には、ナトリウムを排泄する効能もあるため、むくみを改善する効果もあります。

日本の梨(和梨)と洋梨との違いはナニ?

日本の梨(和梨)と洋梨との違い

見た目の違いは一目瞭然ですが、食感や味わいにも違いがあります。

和梨の特徴は、何と言ってあの独特のシャリシャリとした食感に、みずみずしく甘酸っぱさがあります。一方、洋梨はねっとりととろけるような食感に、甘みと香りが強い特徴があります。

含まれる栄養では、食物繊維量が洋梨が2倍ほど多く含んでる以外は、さほど変わりません。また、和梨は皮を剥いてそのまま食べることが多いですが、洋梨は生はもちろん、タルトやケーキ、コーンポートなどもおすすめです。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク