食品・食材ビーフジャーキー栄養効果
ビーフジャーキーbeef-jerky

牛肉のうま味がギュッ!ビーフジャーキーの栄養と効果とは?

ビーフジャーキーの栄養と効果

噛めば噛むほどうま味を感じる、ビーフジャーキー。

お酒のおつまみとして人気の高いビーフジャーキーは、ついつい食べ過ぎてしまうほど、味わいのある牛肉の干し肉です。

最近では、塩分は少し多いですが、高タンパクで低カロリーな食品としても注目を集めています。

今回は、ビーフジャーキーの栄養と健康効果を詳しくご紹介したいと思います。

良質なタンパク質がたっぷり – 筋肉や皮膚、血液などを作る

ビーフジャーキーには、良質なタンパク質がたっぷり含まれています。

タンパク質は、人間の体に必要な三大栄養素のひとつで、筋肉や皮膚、血液などを作る働きがある大切な栄養です。

ビーフジャーキーには、タンパク質となる良質な必須アミノ酸が豊富に含まれているため、必要な栄養を効果的に摂取できます。

健康維持に必要な亜鉛 – 骨や髪を育てる必須ミネラル

ビーフジャーキーには、亜鉛が多く含まれています。

亜鉛は、タンパク質と結合し骨や髪の毛を作る必須ミネラルという栄養素です。

亜鉛が体内で不足すると、免疫機能の低下や味覚障害、男性ホルモンの代謝異常などを引き起こす要因になります。

日々の生活に不可欠の栄養素とも言えますので、体がだるい、疲れやすいと感じる方は亜鉛を積極的に摂るようにしましょう。

ビタミンB12も多く含む – 細胞の活性化に効果あり

ビーフジャーキーは、ビタミンB12の含有量も多い食品です。

ビタミンB12は、脳細胞や神経細胞などの再生や修復を促す機能があり、脳梗塞や認知症予防に効果があります。

また、腰痛肩こりなどの改善、肌の新陳代謝を活発化、不眠症にも効果を発揮すると言われています。

酵素の働きを助けるナイアシン - アルコール分解にも効果的

ビーフジャーキーには、ナイアシンもたくさん含まれています。

ナイアシンは、体内で働くおよそ500種類の酵素をサポートをする優秀な栄養です

さらにアルコールを分解する際にもナイアシンが役立ちますので、お酒のつまみにはぜひビーフジャーキーを食べるようにしましょう。

赤血球を作る鉄分が豊富 – 貧血予防におすすめ

ビーフジャーキーは、鉄分が多く含まれていることも特徴です。

鉄分は、赤血球を作り貧血を予防する効果があることで知られる栄養です。

さらに吸収を良くするには、一緒にビタミンB12や亜鉛が効果的なので、ビーフジャーキーは最適な食品となります。

ビーフジャーキーはダイエットに最適!

おつまみの定番であるビーフジャーキーですが、空腹時のおやつとしても最適です。

濃い味付けや固い干し肉を噛むことで満腹中枢を満たし、少量でも満足感を得ることができるのでダイエットにも最適です。

また、ダイエットで不足しがちなタンパク質も補うことができ一石二鳥です。

ただ、ビーフジャーキーは塩やスパイスを多く使用しているので、塩分過多にならないよう、食べ過ぎには十分ご注意ください。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク