食品・食材魚・魚介類 一覧かつお栄養効果
かつおbonito

かつおの栄養 - 高い栄養価を誇るかつおの効果とは?

かつおの栄養と効果

今回のテーマはかつお。

かつおの栄養価は、魚類の中でもトップクラスを誇ります。特に、かつおの血合い部分には、良質な栄養素がたっぷりと含まれています。

今回はそんなかつおについて、栄養と具体的な効果をご紹介します。

注目の栄養素!パントテン酸 - ストレス対策に効果を発揮

かつおにはパントテン酸が豊富に含まれています。

パントテン酸は、ストレスを感じると抗ストレス作用のある、副腎皮質ホルモンを作ります。

副腎皮質ホルモンは、副腎で分泌されるホルモンで、ストレス対策に効果があります。

魚ではトップクラス!ビタミン12、鉄分 - 貧血予防、造血作用

かつおには、魚類ではトップクラスのビタミンB12鉄分が含まれています。

ビタミンB12には、赤血球の生成を助ける働きがあり、鉄分は血液の主成分となる栄養素です。

ビタミンB12と鉄分は、ともに貧血を予防する効果があります。

疲労回復に効果抜群 - 豊富なビタミンB群、タウリン

かつおにはビタミンB群、タウリンも豊富に含まれています。

ビタミンB群は、炭水化物脂質タンパク質をエネルギーに変える栄養素です。

なかでもビタミンB群の一種であるナイアシンは豊富に含まれており、レバーを超えるほどの量が含まれています。

タウリンは、肝臓の機能を高める働きがあり、肝臓の機能を高めることにより、疲労回復の効果が期待できます。

かつおの血合いは栄養の宝庫 - 豊富なビタミン、ミネラル、アミノ酸

かつおはビタミン、ミネラルアミノ酸が豊富で、その多くが血合いの部分に含まれています。

かつおには、ビタミンB群が豊富に含まれ、カルシウムの吸収を促して骨を強くするビタミンD抗酸化作用のあるビタミンAも含まれます。

さらに、余分な塩分を排出するカリウム、骨を形成するマグネシウムも多く含まれます。

また、かつおにはアミノ酸が豊富で、アミノ酸を含むタンパク質の量は、かつお全体の1/4を占めるほどです。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク