食品・食材魚・魚介類 一覧かつお栄養効果
かつおbonito

かつおの栄養と優れた効果を知ろう!

かつおの栄養と効果

かつおに含まれている栄養と効果をお伝えしていきます。

かつおは、タタキや刺身、塩辛など古く日本で親しまれている魚ですね。山口素堂の「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」の俳句でも知られています。

今回はそんなかつおについて、栄養と具体的な効果をご紹介します。

また、初ガツオと戻りガツオの違いについても解説していますので、そちらも合わせてご覧下さい!

パントテン酸が含まれている - ストレス対策に効果を発揮

かつおにはパントテン酸という栄養が豊富に含まれています。

パントテン酸はとくに、かつおの血合い部分に多く含まれています。(血合いとは、背と腹の間にある赤黒い身の部分を指します。)

パントテン酸は、ストレスを感じると抗ストレス作用のある、副腎皮質ホルモンを作ります。副腎皮質ホルモンは、副腎で分泌されるホルモンで、ストレス対策に効果があります。

なお、パントテン酸は熱に弱い性質をもっています。かつおから効果的にパントテン酸を摂取するには、刺身やたたきなどなるべく火が通らない食べ方で食べましょう。

魚ではトップクラス!ビタミン12、鉄分 - 貧血予防、造血作用

かつおには、魚類ではトップクラスのビタミンB12鉄分の栄養が含まれています

ビタミンB12は、赤血球の生成を助ける働きがあり、神経機能を正常に保つ効能があります。鉄分は、60~70%が血液に存在し、酸素を全身に運ぶはたらきがあります。

また、ビタミンB12と鉄分は、ともに貧血を予防する効果があります。貧血でお悩みの方はかつおなどから、鉄分、ビタミンB12を摂取するようにしましょう。

ちなみに、鉄分はビタミンCと一緒に摂取すると吸収率が高まるという報告があります。菜の花ブロッコリーなどの野菜にビタミンCは豊富に含まれています。

疲労回復に効果抜群の栄養、タウリン

かつおにはビタミンB群、タウリンも豊富に含まれています。

かつおに含まれているビタミンB群は、炭水化物脂質タンパク質をエネルギーに変える栄養です。

なかでもビタミンB群の一種であるナイアシンは豊富に含まれており、レバーを超えるほどの量が含まれています。

ナイアシンは、3大栄養素の代謝を促す効果、二日酔いの予防、皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあります。

また、タウリンは、肝臓の機能を高める働きがある栄養で、肝臓の機能を高めることにより、疲労回復の効果が期待できます。

かつおの血合いは栄養の宝庫 - 豊富なビタミン、ミネラル、アミノ酸

かつおはビタミン、ミネラルアミノ酸が豊富で、その多くが血合いの部分に含まれています。

かつおには、ビタミンB群が豊富に含まれ、カルシウムの吸収を促して骨を強くするビタミンD抗酸化作用のあるビタミンAも含まれます。

さらに、余分な塩分を排出するカリウム、骨を形成するマグネシウムも多く含まれます。

また、かつおにはアミノ酸が豊富で、アミノ酸を含むタンパク質の量は、かつお全体の1/4を占めるほどです。

「初ガツオ」と「戻りガツオ」は味も栄養も違う!

かつおの旬は、4~5月の「初ガツオ」と9~10月の「戻りガツオ」の年2回あります。(詳しくは、かつおの旬はいつ?を参照)

初ガツオは、赤身が多めでさっぱりとした味わいがあり、タタキなどでよく食べられます。一方、夏場にたっぷりとエサを食べた戻りガツオは、脂がのった濃厚な味わいが特徴で、刺身としても美味ですね。

かつおは季節によって味が異なりますが、栄養も多少、異なります。

初ガツオは、赤身が多いためカロリーが低く、タンパク質やカルシウムが多いのが特徴的です。タンパク質は筋肉を形成したり、カルシウムは骨や歯の健康を維持する効果があります。

一方、戻りガツオは、脂身が多いためカロリーが高めで、不飽和脂肪酸を多く含んでいます。不飽和脂肪酸は、動脈硬化や高血圧などの予防、アレルギー症状の緩和などに効果があります。

同じかつおでも、時期によって味や栄養が異なるんですね。ぜひ、二つのかつおを食べ比べてみて下さい。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク