食品・食材野菜 一覧キャベツ栄養効果
キャベツcabbage

キャベツの栄養は?キャベツの意外な効果と魅力について

キャベツの栄養と効果

シャキシャキの歯ごたえとみずみずしい食感。

私たちにはおなじみの野菜ですね。今回のテーマはキャベツ。

キャベツにはどんな栄養があってどのような効果があるのでしょうか?

今回は知っているようで意外に知らないキャベツの魅力をご紹介します。

注目の栄養素ビタミンU(キャベジン) - 胃粘膜を保護する効果

キャベツには注目の栄養素ビタミンUが豊富に含まれます。

ビタミンUとはキャベツの汁から発見されたビタミン様物質の一つで、キャベジンとも言われます。

胃腸薬の名前としても知られていますね。

ビタミンUはキャベツやレタスセロリなどに多く含まれ、胃酸の分泌を抑制し、の粘膜を保護する効果があります。

ビタミンCは淡色野菜でトップ! - 抗酸化作用、ストレス対策、美肌効果

キャベツの栄養素で注目すべきもう一つの点は、ビタミンCを多く含むということです。

キャベツのビタミンCの含有量は淡色野菜ではトップです。

ビタミンCは主に、カラダの老化を防ぐ抗酸化作用ストレス対策、美肌効果などが期待されます。

実はカルシウムも豊富に - 骨の強化やイライラ対策に

これは意外と知られていない事実ですね。

あまり想像がつかないかもしれませんが、キャベツはカルシウムも豊富に含みます。

特にキャベツの葉の部分にはカルシウムやアミノ酸が多く含まれています。

カルシウムには骨をじょうぶにしたり、イライラを鎮めるなどの効果があります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク