食品・食材種実類 一覧カカオ効果効能
カカオcacao

カカオの効果と効能 - チョコレートの原料カカオの栄養とは?

カカオの効果と効能

カカオは、チョコレートココアの原料となる果実です。

メキシコ語の「カカウァトル」が名前の由来となっており、古来より珍重されている食材です。

小さなラグビーボールのような形の果実には、カカオの種子が数十個入っており、これを発酵させて食用に利用します。

そんなカカオに含まれる栄養や、その効果と効能についてご紹介します。

カカオポリフェノール - 強い抗酸化作用で老化防止に効能

カカオには、たっぷりのカカオポリフェノールが含まれています。

カカオポリフェノールは、強い抗酸化作用があるポリフェノールとして知られています。

この抗酸化作用は、細胞の老化を防いだり、活性酸素を除去して肌トラブルを防いだりする効果があります。

また、ストレスを軽減したり、脳を活性化させたりする効果も期待されています

テオブロミン - 精神を安定させる効能

カカオには、テオブロミンが含まれています。

テオブロミンはアルカロイドの一種で、カカオ特有の苦み成分です。

カカオ以外にはほとんど含まれていない成分で、精神を安定させる効能があるとされています。

ストレスを感じる方やイライラしがちな方は、カカオをたっぷり摂ってリラックスしましょう

食物繊維も豊富 - 糖尿病や高脂血症の予防に効果的

食物繊維が豊富な点も、カカオの注目ポイントです。

食物繊維には、生活習慣病である糖尿病や高脂血症の予防に効果があります。

食物繊維は、腸内で水分を含み“かさ”を増しながら、糖や脂質を絡め取ることで吸収をおだやかにしたり、排出を促す働きをします。

ビタミン・ミネラル類も含まれる - 体調を整えカラダをつくる

カカオには、上記以外にもビタミンやミネラル類が含まれています。

ビタミン・ミネラルはカラダを作り調子を整えるのに大切な栄養素です。

カカオは、ビタミンEナイアシンカルシウムマグネシウム亜鉛などを含みます。

カカオは江戸時代には薬用として使われていた

カカオが日本で知られるようになったのは、江戸時代のこと。

伊達正宗の家臣が通商条約締結のためにメキシコに渡った際に、カカオを使ったチョコレートを薬として用いたことがきっかけとなったと伝えられています。

江戸時代、カカオは貴重であり、お菓子としてではなく薬として主に用いられていました。

カカオの豊富な栄養がもたらす効果を考えると、納得ですね。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク