食品・食材野菜 一覧菜の花栄養効能
菜の花canola-flower

ほろ苦さがクセになる?菜の花に含まれる栄養と効能

菜の花の栄養と効能

春になると黄色い可憐な花を咲かせる菜の花。

別名「油菜(アブラナ)」と呼ばれるとおり、古くから油を採るために栽培されていました。

また、ちょっぴりほろ苦い味わいと、用途を選ばない手軽さから食材としても人気ですね。

今回は、そんな菜の花に含まれる栄養と効能についてご紹介します。

カリウムが豊富に!- 水分量を調整してむくみを解消する効能

菜の花には、カリウムが豊富に含まれています。

カリウムミネラルに分類される栄養素の一種で、細胞内液の浸透圧を維持する効能があります。

これによってナトリウムの排出を促し、体内の水分量を調整するのもカリウムの大事な役割です。

カリウムが水分量を調整してくれるおかげで、身体のむくみが解消されます。

ビタミンCの摂取は菜の花で! - メラニンを分解して美白を促す効能

野菜類のなかでも、トップクラスにビタミンCを含んでいる菜の花。

ビタミンCといえば、特筆すべきはその美白効果。シミやくすみの原因となるメラニン色素の生成を抑制するだけでなく、できてしまったメラニン色素を分解する効能もあるのです。

水溶性であるビタミンCは、体内で蓄えておくことができません。

そのため、毎日の食事からきちんと摂取を続けていかないと、ビタミンCが不足してお肌にシミやくすみができやすくなってしまいます。

ビオチンでいつまでも若々しい髪を!- 白髪や薄毛を防ぐ効能

菜の花はビオチンの含有量も、野菜類のなかではトップクラス。菜の花を食べることで、ビオチンを手軽に補給することができます。

ビオチンは、別名「ビタミンH」とも呼ばれる栄養素です。様々な効能がありますが、とくに注目されているのが白髪薄毛の予防効果。

髪を健康的に保つ役割があるビオチンが不足してしまうと、髪に栄養が行き渡らなくなって白髪や薄毛が目立つようになります。

菜の花はどこまで食べられる?

菜の花をしばらく置いていたら、花が咲いてしまった……こんなとき、どうしますか?

芽吹いたり花が咲いた野菜は食べられないから捨ててしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし菜の花は、葉はもちろん、花弁やつぼみまですべておいしくいただけます。栄養も豊富なので、捨てたりせずに一緒に調理してみましょう。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク