食品・食材野菜 一覧セロリ栄養効能
セロリcelery

香りに優れた効能あり?セロリの栄養と効能5選

セロリの栄養と効能

シャキシャキとした歯ごたえに、独特の香りがするセロリ。

セロリの特徴である強い香りは、好き嫌いが大きく分かれ、嫌いな野菜ランキングで3年連続1位になるほどです。

そんなセロリですが、実はセロリの香りには、優れた効能があり、茎や葉にも栄養がたっぷり含まれています。

今回は、そんなセロリの栄養と効能についてご紹介します。

注目の香り成分!アピイン、テルぺン - 精神を安定させる効能

セロリには、精神を安定させる効能があります。

セロリには、アピイン、テルペンなど約40種類もの香り成分が含まれています。

アピインは、ポリフェノールに分類される栄養成分の一種で、精神の安定や、不眠を解消するなどの効能があります。

テルぺンは、植物に含まれる精油成分で、リラックス効果があります。

そのため、セロリに含まれる香り成分には、イライラする気持ちを鎮め、リラックスをさせるなど、ストレス解消にも効果があります。

アピイン&テルぺンの効能 - 頭痛、生理痛の緩和に効果あり!

こちらもセロリに含まれる、アピインやテルぺンなどの香り成分の効能です。

セロリに含まれる香り成分には、鎮痛作用もあるため、頭痛生理痛などの痛みを和らげる効能があります。

また、セロリの鎮痛作用には、二日酔いの頭痛にも効果があります。

カリウム - 高血圧の予防、むくみを改善する効能

セロリに含まれる栄養素カリウムには、利尿作用があります。

カリウムはミネラルに分類される栄養素の一種で、細胞内外の浸透圧を調節する効能があります。

またカリウムには、ナトリウムを排泄する働きがあるため、高血圧の予防や、むくみを改善する効能があります。

ビタミンU - 胃の粘膜を保護する効能

セロリには、ビタミンU(キャベジン)が含まれています。

ビタミンUは、キャベツから発見された栄養素で、胃酸の分泌を抑えたり、の粘膜を修復するなどの働きがあります。

葉に豊富な栄養が! β-カロテン、ビタミンB群、ビタミンCなど

セロリの栄養は、実は、茎よりも葉に多く含まれています。

セロリの葉には、β-カロテンが豊富で、茎の2倍もの量が含まれています。

さらに、ビタミンB群や食物繊維ビタミンCビタミンE、血液をサラサラにする効能があるピラジンなど、数多くの栄養素が含まれます。

β-カロテンやビタミンEなどは、油で炒めると吸収力がアップしますが、セロリの香り成分は、油に溶け出しやすい性質を持っています。

セロリの葉は捨てずに、炒め煮などのスープにすると、セロリの栄養を余すことなく、効果的に摂取することができます。

関連コンテンツ

<

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク