食品・食材春雨栄養効能
春雨cellophane-noodles

つるつるの食感がおいしい! 春雨の栄養と効能とは?

春雨の栄養と効能

つるつるとした食感で人気の春雨は、サラダにしたり鍋の具にしたりと多くの人に愛されている食材です。

春雨という名称は、茹でた後の透明な状態がまるで春に降る雨のように繊細に見えることから、日本で名づけられました。

今回は、この春雨に含まれている栄養や効能をクローズアップしていきます。

炭水化物がたっぷり - 脳のエネルギー源である糖となる栄養

春雨には、炭水化物が豊富に含まれています。

炭水化物は、体内に入ると糖に変わり、脳を働かせるためのエネルギー源となります。

炭水化物を極端に減らすダイエットを長期間続けると、脳内の栄養が不足して記憶力や判断力の低下を招いたり、神経機能に支障が出たりするので避けるようにしましょう。

ただし、摂り過ぎも肥満の原因となりますので、適量を守って摂るようにしましょう。

カルシウムも含んでいる - 健康な骨と歯の育成に効能

春雨は、カルシウムを含んでいることにも注目です。

カルシウムは、健康な骨と歯を作るために欠かせない栄養で、特に子供の成長期には欠かせません。

カルシウムが不足すると、大人になってからも骨がスカスカの状態になる骨粗鬆症の原因となるので、注意が必要です。

ビタミンDと同時に摂取することで、体内の吸収率がアップすることも特徴です

鉄分も含有している - 貧血予防と改善に大きな効能がある栄養

春雨には、鉄分も含まれています。

鉄分は、血液の赤血球のヘモグロビンを作る栄養で、増血が期待される効能があります。

貧血予防や改善に大きな効能があり、めまいや立ちくらみの症状の解消につながります。

女性は毎月の生理などで特に鉄分が不足しがちなので、意識的に多く摂るように心がけてください。

春雨にも種類があることを知っておこう

日本で主に売られている春雨は、でんぷんや片栗粉を原料にしています。

それに対して、緑豆春雨と呼ばれるものは、緑豆のでんぷんを原料にしている点に違いがあります。

煮込み料理に使う場合は、緑豆春雨の方が煮崩れしにくいことを覚えておくと良いでしょう。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク