かりんの旬は?

かりんchinese-quince

かりんの旬の時期は10~11月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 かりん 分類 バラ科
旬の時期 10~11月ごろ 主な産地 長野、山形、香川など
効果 咳止め効果、喉の炎症を鎮静、便秘の改善(詳しくはかりんの効能へ)

かりんの旬は10~11月 秋に黄色い実をつける

かりんは10~11月に旬を迎える果実です。

全国で生産されているためかりんの収穫期間は長く、市場には10月初めから12月初旬まで流通しています。

また、かりん同様、10~11月ごろに旬を迎える果物はで、その他ゴボウ人参などの根菜類も旬を迎えます。

かりんに似た果実に同じくバラ科の「マルメロ」があります。かりんは楕円形で表皮がツルッとしていて、マルメロは西洋梨のようにややゴツゴツした形で産毛があります。

カリンは耐寒性があります。主な産地は長野県で全国の3分の1を生産し、次いで山形県、香川県です。

かりんは果物ですが、その実はとても硬く、味も酸味が強くて渋いため、生では食べられません。

咳止め効果があることから、かりん酒やジャム、のど飴などとして独特の香りと薬効成分を利用します。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク