食品・食材クロレラ効果効能
クロレラchlorella

クロレラの効果と効能 - 必須アミノ酸をすべて含むクロレラの働き

クロレラの効果と効能

クロレラは、淡水に生息している植物プランクトンです。

およそ20億年前から存在しているクロレラは、タンパク質がとても豊富で、しかも9種類の必須アミノ酸をすべて含むスーパーフードです。

クロレラと一言でいっても、およそ20種類もあるそうで、ユーグレナ同様サプリメントや青汁などに含まれています。

今回は、さまざまな効果があると言われるクロレラの、とくに注目されている効果や効能をご紹介します。

タンパク質が60%も占める - 健康なカラダを作る

クロレラに含まれるタンパク質は、クロレラ全体の約60パーセントにもなります

タンパク質は、カラダに必要な三大栄養素のひとつで、筋肉や髪の毛などを作る働きがあり、健康なカラダを作るには大切な栄養です。

クロレラは、大豆などと同じ植物性タンパク質です。動物性タンパク質と合わせて摂るのが効果的です。

必須アミノ酸をすべて含む - タンパク質の元となる栄養

クロレラは、9種類の必須アミノ酸を含み、さらに全部で18種類ものアミノ酸を含んでいます。

アミノ酸は、タンパク質のもとになる栄養素で、疲労回復や免疫力のアップなど重要な効能があります。

とくに必須アミノ酸は体内で合成できません。クロレラはアミノ酸をバランスよく含むので、食事にプラスすることで理想的に栄養素の補充ができます。

食物繊維、クロロフィルを含む - 便秘の解消に効果

クロレラは、食物繊維やクロレラの色素成分であるクロロフィルを含みます。

クロレラの食物繊維は、不溶性と水溶性が含まれているため、便のかさを増やし、さらに水分を含んでゲル状になり腸の働きを活性化します。

また、マグネシウムを含むクロロフィルは、血中のコレステロールを体外に排出する働きや整腸作用もあるので、クロレラには便秘改善の効能があります。

ビタミン、ミネラル類が豊富 - 生活習慣病の予防に効果

クロレラにはビタミンCEB12葉酸をはじめ、多種のビタミンやミネラル類が含まれています。

紫外線ストレスにさらされると体内に活性酸素が発生し、細胞が酸化して老化につながりますが、ビタミンC、Eはこの活性酸素を除去する働きがあります。

また葉酸とビタミンB12の併用は動脈硬化の予防に、ミネラルやカテキンなども含むためこれらの相乗効果で、生活習慣病の予防や美容にも効果があります。

免疫力のアップや、アンチエイジング - 抗酸化作用を含む成分が豊富

クロレラには、マクロファージの働き活性化させ、免疫力を高める効果があると言われています。

また、上記以外にも抗酸化作用を持つ、カロテン(α・β)、ルテインなどを含み、活性酸素を取り除きアンチエイジングの効果が期待されます。

クロレラとスピルリナの違いとは?

クロレラと同様に見かけることの多い健康食品に「スピルリナ」があります。

どちらも藻の一種ですが、クロレラは淡水で育つ緑藻類、スピルリナは海水で育つ藍藻類でタンパク質、カルシウム、クロロフィルなどを含む共通点があります

一方で、クロレラには「CGF(クロレラ・グロス・ファクター)」、スピルリナは「フィコシアニン」を含むのが特徴です。

風味も異なり、クロレラは抹茶風味、スピルリナは海苔のような味です。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク