デコポンの旬は?

デコポンcitrus-reticulata-siranui

デコポンの旬の時期は2~4月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 デコポン 分類 ミカン科ミカン属
旬の時期 2~4月 主な産地 熊本、愛媛、和歌山など
効果 免疫力の強化、疲労回復、むくみの解消など(詳しくはデコポンの効果へ)

デコポンの旬は2月から4月。春先がおいしい旬の時期

デコポンの旬は、2月から4月と春先が旬の時期になります。

露地栽培のデコポンの旬は3~4月、収穫時期を遅らせた完熟デコポンの旬は4月になります。

デコポンが最も収穫されているのは、熊本県で、次いで愛媛県、和歌山県、佐賀県、鹿児島県と続きます。

デコポンは、長崎県にある農林水産省化術試験上にて1972年に「清見」と「中野3号ポンカン」の交配種として誕生したのが始まりでタンゴール類になります。

実は、デコポンというのは登録商標で、日園連に加盟するJAのみがデコポンという名前で販売できます。

他の農家では、生産地域の熊本県不知火地区にちなんで「不知火(しらぬい」や「凸百恵(でこももえ)」など独自のネーミングで出荷しています。

デコポンは、ベータキチンキトサンがたくさん含まれていて、がん予防に効果があるといわれています。また、クエン酸も含まれているため、アンチエイジングなどにも効果があると着目されています。

デコポンは高糖度な果物ですが、さっぱりとした味わいが楽しめます。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク