食品・食材クローブ効能効果
クローブclove

料理やアロマオイルにも!クローブの効能と効果とは?

クローブの効能と効果

クローブは、インド料理でおなじみのスパイスのひとつとして、日本でもその知名度が上がりつつあります。

ピリっとした風味が特徴で香りもとてもよく、カレーや肉料理に使われることが多いスパイスです。

日本名では「丁子(ちょうじ)」と呼び、また「歯医者さんのハーブ」とも。古くから世界で幅広く医療に使われ、歯科でも局所麻酔として活用しています。

今回は、そんなクローブの効能や効果について、詳しくご紹介していきます。

消臭や鎮静効果がある - オイゲノールの効能

クローブには、消臭や鎮静の効果があります。

クローブに含まれるオイゲノールは、クローブ特有の香りの成分で、消臭効果があります。

そのため、口臭や体臭予防の効能があるので、気になる人はオイゲノールを摂取して消臭に役立てましょう。

また、オイゲノールには鎮静効果もあり、喉や歯の痛み止めの効能もあります。

胃腸薬など医薬品の原料として使用される - 胃を健康に保つ効能

クローブには、の健康を保つ効能があります。

クローブは、胃の消化機能を促進したり、胃だけではなくカラダを温める作用もあります。

そのため、クローブは胃腸薬にも含まれています。

タンパク質や炭水化物の代謝を促進する効能 - 酵素の構成成分

クローブに含まれるマンガンの効果は、三大栄養素の代謝に関わります。

マンガンは、タンパク質炭水化物脂質などの代謝に関わる酵素、さらに抗酸化力に関わる酵素の構成成分になります。

そのため、クローブには代謝の促進や抗酸化作用などの効能があります。

健全な骨や歯の成長に効能あり - カルシウムの効果

クローブには、骨や歯を健全に成長させる効能があります。

クローブに含まれているカルシウムの効果は、骨や歯の成長に関わり骨粗鬆症の予防につながります。

不足すると、骨や歯の強度が弱まり、骨折などのケガのリスクも高くなります。

クローブは防虫剤としても効果が期待できる

クローブには、防虫剤としての効果も期待できます。

乾燥したクローブやエッセンシャルオイルを数滴吸い込ませた布を、タンスやクローゼットにしのばせると、優れた防虫効果を発揮します。

衣類に付いたクローブの香りが、汗や加齢臭などの消臭にも役立ちますし、アロマテラピー効果で沈んだ気分を高揚させる効能も発揮します。

また、このほかにタバコや歯磨き粉にも利用されているそうです。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク