クミンcumin

独特の香りで食欲増進!クミンの効能や効果とは?

クミンの効能と効果

インド料理に欠かすことのできないスパイス、クミン。

強い香りと苦み・辛味が特徴的で、カレーに含まれるスパイスのひとつとして親しまれ、また、カレーの香りの主役でもあります。

クミンシードとも呼ばれるクミンは、メキシコ料理やスペイン料理にも使われ、油で炒めるとより香りが強くなり引き立ちます。

今回は、そんなクミンについて気になる効能や効果を、詳しくご紹介していきましょう。

コレステロール値を低下させる効能 - 植物ステロールとは?

クミンには、植物ステロールが含まれているのが大きな特徴です。

植物ステロールは、中高年の大きな悩みのひとつとなるコレステロール値の低下に大きな効能があります。

そのため、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防に有効です。

植物ステロールは、近年、コレステロール値を低下させる効能が注目さえ、サプリメントにも利用されるほどです。

食欲増進の効能あり! - クミナール(クミンアルデヒド)を含有

クミンは、クミナール(クミンアルデヒド)を含有していることも覚えておきましょう

クミンアルデヒドは、クミンの香り成分で消化器官を刺激して特に食欲増進の効能があります。

夏場など、食欲が落ちているときには、クミンアルデヒドが含まれるクミンを上手に使い、食事に摂り入れるようにすると良いでしょう。

リモネンも含有! - 精神をリラックスさせる効能

クミンには、リモネンも含まれています。

リモネンは、主に柑橘類に多く含まれていることで知られる成分で、精神をリラックスさせる効能があります。

また、免疫力を高める効果もあり、体を丈夫にしたい方にもおすすめです。

イライラしやすかったり風邪をひきやす方は、クミンの効能が期待できますよ。

ビタミンB1を含む! - 炭水化物の代謝に効果あり

クミンは、ビタミンB1を豊富に含み、炭水化物の代謝に効果的な栄養です。

ご飯やパンなどの炭水化物を多く食べるときには、同時にビタミンB1も摂ると代謝アップを期待できるため、クミンを含むカレーは効果的ですね。

また、ビタミンB1不足は、疲労感の要因となり夏バテの原因となることもあるため不足しないよう注意が必要です。

強い抗酸化作用でアンチエイジング効果 - ビタミンA

クミンは、ビタミンAが入っていることも特徴です。

ビタミンAには強い抗酸化作用があり、細胞の老化を防ぐためアンチエイジングの効能が期待できます。

また、皮膚を健康に保ったり、体の免疫能力を高めたりする効果もビタミンAにはあります。

他のスパイスと合わせるとクセが少なくなる?

独特の香りがするクミンは、その他のスパイスと合わせることで、クセが少なくなります。

カレーのスパイスとして重宝されるのは、多くのスパイスと合わせ油で炒めることで、さらに風味が活きるからです。

また、油を使うことで、ビタミンAの体内吸収率も上がります。

夏場にクミンを入れたカレーを食べれば夏バテ防止にも効果がありますね。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク