太刀魚の旬は?

太刀魚cutlass-fish

太刀魚の旬の時期は7~10月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 太刀魚 分類 タチウオ科
旬の時期 7~10月ごろ 主な産地 和歌山、愛媛、大分など
効果 動脈硬化、アルツハイマーの予防効果、抗血栓作用(詳しくは太刀魚の効果へ)

太刀魚の旬は7~10月頃に迎える

太刀魚の旬は7~10月頃に迎え、産卵期に重なります。

特に7月頃に脂の乗った新鮮な太刀魚が市場に並びます。産卵期が夏から秋にかけてと長く、旬の時期以外にも1年を通じて美味しい太刀魚を手に入れることが可能です。

また、この夏に旬を迎える魚には、かわはぎアナゴかますなどがあります。

亜熱帯から温帯に棲む暖海性の魚で、日本では北海道から九州まで広く分布しています。

しかし漁獲量は西日本が多く、特にえさとなるプランクトンが多い瀬戸内海で多く水揚げされ、和歌山県が漁獲量日本一です。

太刀魚の食べ方は様々で、お刺身はもちろんのこと塩焼きやムニエル、ホイル焼き、フライや天ぷら、干物などでおいしく食べることができます。

「太刀魚」の呼び名は、見た目が太刀のように鋭いから、潮流のゆるいところではゆらゆらと立ち泳ぎする「立ち魚」という2つの説があります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク