グレープフルーツのカロリーと糖質を分析しています。

食品・食材果物 一覧グレープフルーツカロリー糖質
グレープフルーツgrapefruit

グレープフルーツのカロリーと糖質

グレープフルーツ

カロリー

38kcal(100g)

全食品の中で

低い

果物の中で

やや低い

糖質

9.0g(100g)

全食品の中で

やや少ない

果物の中で

やや少ない

グレープフルーツのカロリーについて

グレープフルーツ(砂じょう、生) 38kcal
ストレートジュース 40kcal
濃縮還元ジュース 35kcal
50%果汁入り飲料 46kcal
20%果汁入り飲料 39kcal
缶詰 70kcal
果物平均 61kcal
全食品平均 212kcal

グレープフルーツのカロリー(100gあたり)は38kcal。グラフはグレープフルーツとジュース、缶詰、果物平均、全食品平均の100gあたりのカロリーをグラフで比較したものです。

果物の平均カロリーは61kcal、全食品の平均カロリーは212kcalですので、グレープフルーツのカロリーは果物の中ではやや低く、全食品の中では低い水準にあることが分かります。

グレープフルーツ1個分の重さは250~280gですので、1個分のカロリーは95~106kcalとなります。

各ジュースのカロリーは生のグレープフルーツさほど変わりませんが、栄養面を考えると、果汁をそのまま絞ったストレートジュースがおすすめです。

グレープフルーツの缶詰のカロリーは2倍も高くなります。缶詰は生のグレープフルーツに比べ、糖質が2倍弱ほどに増えるので、カロリーもそれに準じて増えています。

グレープフルーツの糖質は?

グレープフルーツ(砂じょう、生) 9.0g
ストレートジュース 10.2g
濃縮還元ジュース 8.6g
50%果汁入り飲料 11.0g
20%果汁入り飲料 9.7g
缶詰 16.5g
果物平均 13.5g
全食品平均 18.5g

グレープフルーツの100gあたりの糖質は9.0gです。糖質は炭水化物から食物繊維を引いた式で計算できます。グレープフルーツの炭水化物量は9.6g、食物繊維量は0.6gですので、差し引いた糖質量は9.0gとなります。

果物の100gあたりの平均糖質量は13.5g、全食品の平均は18.5gですので、グレープフルーツの糖質は他の果物の平均と比較してやや少ない、全食品の平均と比較してもやや少ないことが分かります。

ちなみに、グレープフルーツ1個の重さは約250~280gとなりますので、1個分の糖質量は22~25.2g程度となります。

ストレートジュースは果汁のみのため、糖質量が多少上がります。果汁50%や20%のジュースでは、糖分が加わったためこちらも糖質量が多sくなっています。

さらに、缶詰にも甘味料が使用されているため、糖質は2倍弱ほど増えており、カロリーもそれに準じて高くなっています。

他の果物との比較

上のグラフはグレープフルーツと主な果物との100gあたりのカロリーと糖質の量を比較したものです。ピンクのグラフがカロリー、ブルーのグラフが糖質量を表しています。

グラフを見てのとおり、グレープフルーツのカロリーや糖質は、他の果物と比べても低く、ヘルシーな柑橘類と言えるでしょう。

レモンのカロリーは以外にもパイナップルプルーンよりも高めですが、糖質量は少なくなります。

主な果物の中ではりんごのカロリー、糖質はやや高めですが、果物平均では標準範囲となります。

カロリー、糖質量ともに少ない果物 - 香りが脂肪燃焼に働く

グレープフルーツのカロリー、糖質量を見ていきましたが、いずれも低水準の食品ということが分かりました。

グレープフルーツは果汁が豊富な果物です。グレープフルーツ1個を搾って摂れる果汁の量は約160mlほどになります。

また、香りには脂肪燃焼効果を高める働きがあります。これは、ホワイトグレープフルーツに多く含まれているヌートカン化合物の作用によるものです。

グレープフルーツの香りを嗅ぐと交感神経が活発となり、脂肪燃焼を高めるタンパク質が作られるためです。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク