グレープフルーツとは?グレープフルーツの意味と概要について解説します。

食品・食材果物 一覧グレープフルーツグレープフルーツとは
グレープフルーツgrapefruit

グレープフルーツの概要

名称 グレープフルーツ 学名 Citrus paradisi
別名 -
分類1 果物 分類2 ミカン科カンキツ属
原産地 西インド諸島 主な産地 米国、南アフリカなど

グレープフルーツとは?

グレープフルーツは、ミカン科カンキツ属に分類される果物(柑橘)の一種です。

グレープフルーツ

グレープフルーツとは、インド諸島を原産地とする柑橘類で、5メートルを超える常緑樹にブドウのように複数の実を房状につけます。そのことからグレープフルーツと名づけられています。グレープフルーツは、文旦とオレンジの自然交配だと言われます。

国別の生産量では、中国、アメリカ、南アフリカ、メキシコ、タイの順に多く、中国だけで全生産量の40パーセント以上を占めています。日本の主な産地は鹿児島県と熊本県ですが、生産量が少ないためほとんど流通しておらず、市場で見かけるもののほとんどが輸入ものです。

市場に出回るグレープフルーツのほとんどが輸入ですが、輸入量が多いアメリカのカリフォルニア産とフロリダ産の流通量が増える4月、5月が旬でもっとも美味しい時期とされています。

マーシュ(ホワイト)やルビーまたはレッドブラッシュ(ピンクグレープフルーツ)があります。その他、グレープフルーツと他の柑橘類を掛け合わせた、スウィーティーやオロブランコ、メロゴールドなどの種類があります。

冷暗所に置いておけば1週間ほど、冷蔵庫に入れておけば2週間ほど保存が可能で、カットしたものでもラップをして果肉が空気に触れないようにすれば3日ほどは大丈夫です。

ビタミンCが豊富で、グレープフルーツ1個を食べれば1日に必要なビタミンC量を摂取可能です。クエン酸も多く含んでいるので風邪予防・疲労回復に効果的です。また、グレープフルーツの香りを嗅ぐと、脂肪燃焼効果が高まると効果が注目されています。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク