ふきの旬は?

ふきjapanese-butterburs

ふきの旬の時期は3~5月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 ふき 分類 キク科フキ属
旬の時期 3~5月ごろ 主な産地 愛知、群馬など
効果 便秘解消、高血圧骨粗鬆症の予防など(詳しくはふきの効能へ)

ふきの旬は3~5月の春!

春の山菜でもあるふきの旬は、3月から5月です。ちょうど春の暖かくなってくる季節に旬を迎えるんですね。

ふきと同じ春に旬を迎える野菜は、ニラパセリたけのこチンゲン菜などが挙げられます。

ふきは、愛知早生ふきや水ふき、秋田ふきが有名で、よく見かけるふきはたいていが愛知早生ふきです。

その名の通り、愛知県で主に栽培されていて、アクが少なくやわらかいのが特徴です。

水ふきは京ふきともいい、京都や奈良が産地で香りがいいですが、栽培量が少なく、あまり出回りません。

秋田ふきは秋田や北海道で栽培されている大きなふきで、砂糖漬けや佃煮などの加工に使われることが多いです。

ふきはハウス栽培されているため、出回り時期は10月から5月にかけてとなっています。

出荷のピークは旬の時期の4月から5月です。ちなみに、ふきの花のつぼみはふきのとうで、これもまた2月から3月が旬の春の味覚です。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク