山椒の旬は?

山椒japanese-pepper

山椒の旬の時期は10~11月、4~6月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 山椒 分類 ミカン科サンショウ属
旬の時期 10~11月、4~6月ごろ 主な産地 和歌山県など
効果 骨粗鬆症貧血高血圧、糖尿病、動脈硬化の予防など(詳しくは山椒の効能へ)

部位によって旬は異なる 粉山椒は10~11月、見や花は4~6月が旬

山椒の旬は部位によって違います。

うなぎのかば焼きでおなじみの粉山椒は、熟れた実を乾燥させて挽いたもので、10~11月頃です。

熟する前の青い実の、強い辛みと香りを味わう場合は6月が旬となります。木の芽や花も楽しめますが、こちらの旬は4月から5月となっています。

山椒の木は北から南まで生えていますが、生産量が最も多いのは和歌山で、約8割を占めています。

他には京都や高知も有名です。粉山椒は保存が利き1年を通して利用できますが、花や実山椒は鮮度が大切になるので、旬の時期しか出回りません。

木の芽は施設栽培ものが通年あります。山椒にはいくつか品種がありますが、主な産地の和歌山では、ぶどう山椒という種類が多いです。

他の地域では朝倉山椒がメインで育てられています。

旬は同じような時期ですが、ぶどう山椒は粒が大きくぶどうのようにたくさん実り、朝倉山椒は香りや辛みが強めです。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク