ケールの旬は?

ケールkale

ケールの旬の時期は11~2月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 ケール 分類 アブラナ科アブラナ属
旬の時期 11~2月ごろ 主な産地 茨城、島根、岡山など
効果 骨粗鬆症の予防、抗酸化作用、ストレス対策など(詳しくはケールの効能へ)

ケールの旬は11~2月の寒い時期

ケールは、11月から2月の冬にかけて旬を迎えます。

旬の時期のケールは甘みが出てとても美味しく召し上がれます。ビタミンやカロテンなどの栄養価が高いのは夏の時期です。

ケールはアブラナ科アブラナ属の、地中管沿岸が原産とされている食材で、日本には江戸時代に入ってきたといわれています。

生でも食べることができ、ミキサーなどにかけると食物繊維たっぷりのヘルシージュースが作れます。あの青汁の原材料となっている野菜でもあります。

また、硬めで煮崩れしづらい野菜なので、いためものや煮物などにも向いていますね。

β-カロテンや豊富なビタミン、葉酸なども含まれていて、骨粗鬆症の予防やストレス対策貧血の予防などの効能があります。

おもな産地は、茨城県や島根県、次いで、岡山県、福岡県、大分県、鹿児島県などとなります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク