ケフィアの効果と効能

食品・食材ケフィア効果効能
ケフィアkefir

ケフィアの効果と効能 - 乳酸菌と酵母がもたらす働きとは!?

ケフィアの効果と効能

コーカサス地方が発祥とされる、乳製品のケフィア。

ケフィアはケフィアグレインという、カリフラワー状の種菌を元に発酵された乳製品です。乳酸菌のみで作られる一般的なヨーグルトとは異なり、数種類の乳酸菌と酵母が発酵(共存発酵)して、作られたものです。

ケフィアは、「ヨーグルトきのこ」とも呼ばれ、ヨーグルト以上に美容や健康に優れると、一時期は大変な人気でした。そして再び、ケフィアの人気が高まりつつあります。

今回は、ケフィアにはどのような効果や効能があるのかをまとめています。

腸内環境を整える効果 - 頑固な便秘を解消!

ケフィアには、腸内環境を整える効果があります。

腸内環境の悪化は、腸内にすむ悪玉菌が優勢になるためです。そうなると、便秘下痢、お腹のハリ、おならが臭いどの不調をきたします。

ケフィアは、数種類の乳酸菌と酵母が発酵(共存発酵)してできたものなので、一般的なヨーグルトよりも乳酸菌の数や量が豊富です。

ケフィアに含まれる乳酸菌が善玉菌を増やすとともに、腸内で乳酸や酢酸を作りだすため、腸内の悪玉菌を抑制してくれます。そして、腸内細菌のバランスを整えて腸の働きを活性化して、便秘を解消することができます。とくに、普段から便秘の方に効果があります。

また、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロとした症状がでてしまう乳糖不耐症の方も、ケフィアは食すことができます。乳糖不耐症は、牛乳に含まれる乳糖(ラクト―ス)を分解する酵素(ラクターゼ)が少ないために発症します。

ケフィアを含むヨーグルト類は、発酵する過程で原因となる乳糖(ラクトース)が少なくなるため、乳糖不耐症の方でも食すことができます。さらに、ケフィアを摂取することで乳糖が消化でき、乳糖不耐症を改善するという報告もあります。

美肌づくりにも効果あり - ビタミンやタンパク質も含まれる

ケフィアは、美肌作りにも効果的です。

ケフィアには、多くの栄養素が含まれています。ビタミンAやビタミンB群、タンパク質ミネラルなどを含み、美肌作りに欠かせない栄養素ばかりです。

また、便秘の解消は老廃物を排出するため、肌荒れニキビなどの予防や改善に効果があり、より美肌に有効となります。

さらに、メラニン色素の生成を抑制して、シミを予防する働きもあります。

カルシウムの吸収率のアップ - 骨を丈夫にする働きも

ケフィアには、カルシウムの吸収率を高める効果もあります。

ケフィアに含まれるカルシウムは、乳酸と結びついて乳酸カルシウムとなっています。カルシウムは吸収されにくいミネラルですが、全食品の中でも牛乳に含まれるカルシウムは吸収されやすい特性があります。

そして、牛乳よりも吸収率が高いのが、ケフィアに含まれる乳酸カルシウムです。カルシウムの吸収が良くなることで骨の成長を助け、丈夫にして骨粗鬆症を予防します。

免疫力のアップ! - 免疫細胞は腸で7割が作られる

ケフィアには免疫力を高める効果があります

免疫細胞は、約7割が腸で作られています。そして、腸内は免疫細胞をきたえる場所でもあります。そのため、腸内環境が悪いと免疫細胞の働きも弱まり、免疫力が下がっていしまいます。

ケフィアには、腸内環境を整えてくれる有益な菌が豊富に含まれています。免疫細胞の働きを高め、免疫力を向上する効果があります。

また、腸内環境が整うと免疫のバランスも良くなります。アレルギーは免疫力のバランスが崩れ、過剰に反応するために起こります。免疫力のバランスを整えることで、花粉症などのアレルギー症状を緩和することができます。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク