レタスの旬は?

レタスlettuce

春レタスの旬は4~5月、夏レタスの旬は6~9月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 レタス 分類 キク科アキノノゲシ属
旬の時期 4~5、6~9月ごろ 主な産地 長野、茨城など
効果 過酸化脂質の抑制効果、利尿作用高血圧予防、美肌効果(詳しくはレタスの効果へ)

レタスの旬は年2回、春レタスと夏レタスがある

レタスの旬は年2回あります。

春が旬の春レタスは4~5月、夏が旬の夏レタスは6~9月ごろになります。

春レタス夏レタスと旬がありますが、季節によって産地が移り、ほぼ一年中出荷されています。

春から初夏は茨城や香川、夏は高冷地の長野や岩手の露地、秋から冬にかけは茨城、香川など、冬は静岡などから多く出荷されます。

品種ごとのレタスの旬は以下の通りです。

種類 備考
玉レタス 4~9月 一般的なにレタス。キャベツのように結球するタイプ。
サラダ菜 通年 バターを塗ったような葉の照りと柔らかな食感が特徴。
サニーレタス 5~9月 葉先が赤く薄くてやわらか、玉レタスより栄養価が高い。
グリーンリーフ 通年 葉先がヒラヒラとカールし、クセがなく食べやすい。
フリルレタス 6月上旬~10月上旬 葉先がギザギザしたフリル、食感は玉レタスのようにシャキシャキしている。
サンチュ 通年 ほんのり苦みがあり葉肉が厚いのでシャキッとした食感。
ロメインレタス 通年 わずかな苦みと葉が厚めでかたくパリッとした食感。シーザーサラダによく使われている。
茎レタス(山くらげ) 6~7月、11~12月 3~5cmくらいの長い茎の先に葉が付いた茎レタス。茎を縦に細く切って乾燥したものが山くらげ。

同じレタスでも、玉レタスは淡色野菜、リーフレタスは緑黄色野菜と違いがあり、玉レタスより栄養価が高く、特にβ-カロテンが多く含まれています。

玉レタスは、丸みがあり葉の巻きが柔らかでふんわりとした軽いもの。リーフレタスは、葉先まで色がきれいで張りがあるのものが、おいしいとされています。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク