三つ葉の旬は?

三つ葉mitsuba

三つ葉の旬は3~4月、12~2月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 三つ葉 分類 セリ科ミツバ属
旬の時期 12~2月(切り三つ葉)、3~4月ごろ(根三つ葉) 主な産地 千葉、愛知、茨城など
効果 心筋梗塞、がん予防、骨を丈夫にする働きなど(詳しくは三つ葉の効能へ)

切り三つ葉の旬は12~2月、根三つ葉の旬は3~4月

三つ葉には、切り三つ葉、根三つ葉、糸三つ葉の3種類があり、切り三つ葉の旬は12~2月、根三つ葉の旬は3~4月、糸三つ葉の旬は通年となります。

いずれも。旬の時期には、見事なシャキシャキとした食感の三つ葉を味わうことができます。

三つ葉と同様に冬から春にかけて旬を迎える野菜は、ブロッコリーキャベツ白菜などが挙げられます。

日本での主な産地は、千葉県、愛知県、茨城県、静岡県となります。三つ葉は日本が原産の、セリ科ミツバ属の多年草です。

三つ葉は茶わん蒸しのトッピングとして古くから愛されてきた食材ですね。また、関東では雑煮のアクセントとしても親しまれています。

新鮮な三つ葉を選ぶには、緑鮮やかなものを選ぶと良いです。

三つ葉は鮮度が落ちると黄色くなってきます。乾燥が大敵で、保存にはビニール袋に入れて、冷蔵庫で保存するのがオススメです。

調理には、おひたしやあえ物など生でそのまま食べることができます。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク