モリンガの効能と栄養

食品・食材モリンガ効能栄養
モリンガmoringa

モリンガの驚きの効能と栄養 - 今日から食べたいスーパーフード

モリンガの効能と栄養

今、注目され始めている、モリンガ。

日本では、まだあまり馴染みの少ないモリンガですが、美容や健康維持をしている方の中には、すでに取り入れてい方もいるかと思います。

モリンガは「ミラクルツリー(奇跡の木)や生命の木、薬箱の木」とも呼ばれ、可食部分が豊富な落葉樹で、国内では沖縄や熊本で栽培されています。

アミノ酸やビタミン、ミネラル食物繊維などがとても豊富で90種類以上もの栄養を含むとして、今、注目のスーパーフードです。

モリンガは、近年注目され始めたイメージですが、古代ギリシャ時代から治療薬、インドのアーユルヴェータでも利用されてきたそうです。

今回は、おもに注目されているモリンガの優れた効能や栄養をご紹介します。

美肌やカラダを作る効能 - 9種すべての必須アミノ酸を含む

モリンガは、髪や肌などカラダをつくるアミノ酸が豊富です。

必須アミノ酸全9種類、非必須アミノ酸も9種類と(グルタミンシステイン、アスパラギンを除く)18種類も含みます。

また、便秘を解消する食物繊維や、ビタミンAβ-カロテン、ビタミンB群などのビタミン、ミネラルも豊富に含まれるため、肌荒れを予防し美肌にも効果的です。

リラックス・安眠効果でストレス対策 - 玄米の30倍のGABA

モリンガには、リラックス効果があります。

モリンガはアミノ酸の一種であるGABAが豊富で、その量は玄米の30倍にも及びます。

GABAは副交感神経の働きを強め、ストレスなどで高まる興奮状態を抑える効能があります。

そのため、リラックス効果や安眠効果が期待できる栄養です。

便秘の解消や利尿作用でデトックス効果 - 食物繊維やカリウム

モリンガには、便秘の改善や利尿作用がありデトックス効果があります。

モリンガは、水溶性と不溶性の両方の食物繊維を含みます。便の量を増し蠕動運動を促がしたり、水分を吸って便を柔らかくするなどの効能があり、スムーズな排便を促します。

また、カリウムの利尿作用には、体内の余分はナトリウムや水分を排出し、むくみの改善にも効果があります。

運動時の筋タンパク質の分解を抑制 - BCAA(分岐さアミノ酸)

モリンガには、運動時の筋タンパク質の分解を抑える効能があります。

モリンガに含まれるBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)は、筋肉に必要なタンパク質を合成し、運動中にタンパク質が分解されるのを防ぎます。

BCAAは、特に持久力をともなう運動では、筋肉のエネルギー源となり運動中のコンディションを整える効能があります。

さらに、疲労回復や筋肉痛を軽減する効果も期待される栄養素です。

抗酸化作用でアンチエイジング - ポリフェノールやクロロフィル

モリンガにはアンチエイジングの効能があります。

モリンガには、ポリフェノールクロロフィルビタミンEを含みます。また、ポリフェノールの含有量を赤ワインと比較すると8倍にもなるそうです。

これらには抗酸化作用があり、過剰な活性酸素の働きを抑制する効能が、老化を予防してアンチエイジングに有効です。

過剰な活性酸素の働きは、病気だけでなく肌やカラダの老化の原因となります。

生活習慣病の予防効能 - GABAや食物繊維の働き

モリンガには、生活習慣病の予防に効果があります。

GABAには中性脂肪血圧を下げる効果もあります。また、食物繊維には、コレステロールの吸収を抑え、食後の急な血糖値の上昇を抑える効能があります。

また、過剰なナトリウムを排出するカリウム、ポリフェノールの活性酸素の働きを抑える効能には、動脈硬化や高血圧などを予防します。

これら栄養素がもつ効能や作用が、生活習慣病の予防に効果的となります。

ダイエット中のサポート食品 - 不足しがちな栄養素がたっぷり

モリンガは、ダイエット中のサポート食品として最適な食材です。

モリンガは、ダイエット中に不足しやすい、アミノ酸やミネラル、ビタミン、食物繊維などの栄養素が豊富です。

特に、ビタミンAは人参の4倍、ビタミンCいちごの4倍、カルシウム牛乳の20倍、鉄分ほうれん草の31倍ととても豊富な含有量です。

ダイエット中の方だけでなく、普段から栄養バランスが崩れている方にもおすすめです。

青汁よりも豊富な栄養素を含む

モリンガは、青汁などに利用されるケールや大麦若葉、モロヘイヤなどより栄養価が高いことで注目されています。

モリンガはパウダー状に加工され、溶かしてお茶として飲んだり 食品に混ぜたりと、手軽に食べられるようになっています。

また、お茶、サプリメント、化粧品など手軽に利用できるものが豊富です。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク