食品・食材魚・魚介類 一覧牡蠣栄養効能
牡蠣oyster

牡蠣の栄養がとんでもない!海のミルクと呼ばれる牡蠣の栄養と効能

牡蠣の栄養と効能

ぷりぷりっとした食感とつるっとしたのどごし。牡蠣って本当に美味しいですよね。

生はおろか、網焼きや牡蠣鍋、カキフライなんかもいいですね。最近では、オイスターソースなんかにも使われています。

実はこの牡蠣、調べてみたらビタミン、ミネラルに富むとんでもない栄養の持ち主でした。

「海のミルク」と呼ばれる牡蠣、その栄養と効能に迫ります。

亜鉛が全食品でトップクラス!代謝の促進、生殖機能の改善に

牡蠣は全食品の中でも、亜鉛の含有量がトップクラスの食品です。

亜鉛とは、ミネラルの一種で、新陳代謝に欠かせない栄養素です。

また、亜鉛には味覚を正常に保つ効能や、生殖機能や性欲を正常に保つなどの効能もあります。

鉄分、銅、ビタミンB12も豊富に - 女性に重要!貧血予防に

牡蠣は鉄分ビタミンB12のミネラル、ビタミン類を豊富に含みます。

鉄分はヘモグロビンの構成成分となり、銅は鉄の吸収を助ける働きをします。また、ビタミンB12はヘモグロビンが合成されるのを助ける補酵素となります。

鉄分、銅、ビタミンB12はいずれも貧血を予防する効能があり、月経のある女性には特に重要な栄養素です。

グリコーゲンもたっぷり - エネルギーを蓄え、疲れにくいカラダへ

牡蠣にはグリコーゲンがたっぷりと含まれています。

グリコーゲンとは、多糖類の一種でエネルギーを貯蔵しておくための物質です。

通常は、肝臓や骨格筋などに蓄えられており、運動などの際にエネルギー源として活用されます。

そのため、牡蠣などグリコーゲンを含む食品を定期的に摂取することで、疲れにくいカラダを作ったり、血糖値を調整するなどの効果があります。

タウリンも多く含まれる - 血圧やコレステロールを下げる効果

牡蠣にはタウリンも多く含まれています。このタウリン、栄養ドリンクなんかで聞いたことがある栄養素ですね。

タウリンとは、含流アミノ酸の一種で、筋肉や胆汁酸と結合して存在している栄養素です。牡蠣をはじめ、魚介類や貝類、タコ、イカなどに多く含まれます。

タウリンには、カラダや細胞を正常に保つ効能(ホメオスタシス)があり、肝臓の機能を正常にする効果や、コレステロールを下げる効果、血圧を下げる効果などがあります。

カルシウム&マグネシウム - 骨格の形成や情報の伝達機能など

牡蠣には、カルシウムマグネシウムも含まれています。

カルシウム、マグネシウムはいずれもミネラルの一種で、いずれも骨格の形成に欠かせない栄養素です。

また、カルシウムは細胞の機能調整を、マグネシウムは代謝を促す補酵素になるなど、いずれも生命活動に重要な役割を果たします。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク