食品・食材果物 一覧パイナップル栄養効果
パイナップルpineapple

こんなにあった!パイナップルの栄養と優れた効果5選

パイナップルの栄養と効果

ジューシーでさわやかな酸味と甘みが魅力のパイナップル。

南国フルーツの代表格でもあるパイナップル。ゴツゴツとした厳つい形からは想像もつかないほどの、果汁の多さに驚かされます。

パイナップルはデザートや、酢豚やバーガーなどの料理で美味しく味わうだけでなく、暑い夏を健康に過ごすための、必要な栄養素が豊富に含まれています。

今回はそんなパイナップルの栄養とその効果についてご紹介します。

注目の成分!ブロメライン - 胃腸を健康に保つ効果、消化促進作用

パイナップルにはブロメラインが豊富に含まれています。

ブロメラインとは、タンパク質を分解する酵素の一種で、キウイなどにも含まれています。

ブロメラインは、胃液の分泌を活発にするため、肉や魚などの消化を促進して、胃もたれを防ぎ、を健康に保つ効果があります。

疲労回復に効果!夏バテ予防 - リンゴ酸やクエン酸、ビタミンB1を含む

パイナップルにはクエン酸やリンゴ酸といった有機酸が含まれています。

クエン酸やリンゴ酸には、TCAサイクルの合成を円滑にする働きがあり、疲労回復に効果的です。

またパイナップルは、糖質が多く、糖質を素早くエネルギーに変えるビタミンB1も含むため、夏バテの予防にも効果があります。

マンガンも含まれる - 骨や関節を丈夫にする効果、骨粗しょう症予防

パイナップルにはマンガンも含まれています。

マンガンはミネラルの一種である栄養素で、カルシウムやリン、とともに、骨の形成に関わります。

マンガンには、骨の石灰化を促して骨や関節を丈夫する効果があり、骨粗鬆症の予防に効果的です

食物繊維とブロメライン効果 - 便秘の改善効果、整腸作用

パイナップルには食物繊維も含まれています。

食物繊維は、第6の栄養素とも呼ばれ、腸の動きを活発にして便通を促し、便秘改善に効果があります。

また、ブロメラインには整腸作用もあり、下痢や腹部膨張感(ガスたまり)、便の悪臭などを改善する効果があります。

夏場の肌トラブルを予防 - ビタミンC、ビタミンB2など

パイナップルには、上記以外にも暑い夏を過ごすために必要なビタミンやミネラルが含まれています。

紫外線からシミしわを防ぐ効果のビタミンCや、皮膚や髪、爪を丈夫にするビタミンB2、ビタミンB6を含み、肌荒れを防いで美肌に効果があります。

また、カリウムも含むため、摂りすぎたナトリウムの排出や、むくみの改善に効果があります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク