食品・食材野菜 一覧かぼちゃ栄養効能
かぼちゃpumpkin

かぼちゃの栄養 -ほくほく美味しいかぼちゃの効能4選

かぼちゃの栄養と効能

ほくほくして甘みのある緑黄色野菜かぼちゃ。

煮物としてはもちろん、スープやデザートなんかにも登場しますね。最近ではハロウィンでも大活躍です。

今回はそんなかぼちゃについて栄養と効能をご紹介します。女性に人気の野菜ですが、なるほど、女性に嬉しい効能がたくさんありました。

β-カロテンが豊富!- がん予防や老化防止に

かぼちゃにはβ-カロテンが豊富に含まれています。

β-カロテンとはカロテノイドの栄養成分の一種で、カラダを酸化から守る抗酸化作用があります。

β-カロテンの抗酸化作用によって、がん予防や老化防止などの効能が期待できます。

ビタミンEが野菜ではトップクラス!- 老化防止、冷え性、腰痛の解消

β-カロテンに続き、注目すべき栄養素はビタミンEです。

かぼちゃはビタミンEを豊富に含み、ビタミンE含有量は野菜類でトップクラスです

ビタミンEは老化防止効果と冷え性腰痛肩こりなどを緩和する効能があります

食物繊維もたくさん!- 便秘の予防、コレステロールを抑制

かぼちゃには食物繊維がたくさん含まれています。

これはなんとなく想像できましたね。

食物繊維は第6の栄養素と言われ、便秘の改善、コレステロール値を抑制するなどの効能があります。

注目の栄養成分ルテイン - 眼精疲労や目の病気の予防に

かぼちゃにはルテインと呼ばれる栄養素も含まれています。

ルテインとは、カルテノイドの一種で、緑黄色野菜に多く含まれます。

ルテインは眼球内で強い抗酸化作用を発揮し、眼精疲労や視力の低下、様々な目の病気の予防に効果を発揮します。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク