チンゲン菜の旬は?

チンゲン菜qing-gin-cai

チンゲン菜の旬の時期は3~5月、10~11月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 チンゲン菜 分類 アブラナ科アブラナ属
旬の時期 3~5月、10~11月ごろ 主な産地 茨城、静岡、群馬など
効果 視力の維持、水分量の調整、骨や歯を丈夫に(詳しくはチンゲン菜の効能へ)

チンゲン菜の旬は春と秋の年2回

チンゲン菜は、年に2度旬を迎えます。

最初は、3月から5月にかけての春、2度目は、10月から11月にかけての秋です。

中でも、晩秋あたりに収穫されたものが最も味が良くなるといわれています。

チンゲン菜は、もともと中国から伝わった野菜で、日本でいう白菜の仲間になります。

その種類には、チンゲン菜をそのまま小さくしたような、「ミニチンゲンサイ」と呼ばれているものもあります。

国内の主な産地は、茨城県、静岡県、群馬県の順で出荷量が多くなっています。

選び方のポイントとしては、葉の緑が鮮やかなものを選ぶことです。

チンゲン菜は傷みやすい野菜なので、購入後は早めに調理するのがオススメです。保存する際には、濡れた新聞紙などで包むなど水分を切らさないことがポイントです。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク