米ぬかの栄養と効果

食品・食材米ぬか栄養効果
米ぬかrice-bran

米ぬかの栄養と効果は? - 捨てずに食べたい米ぬかの成分について

米ぬかの栄養と効果

米ぬかの栄養と効果について解説していきます。米ぬかは、玄米から白米にする過程でできる粉末です。

米ぬかは、玄米の外皮や胚の粉末です。玄米に含まれる約90%の栄養が、米ぬかには含まれているそうです。そして、ポリフェノール食物繊維など、カラダに有益な栄養が豊富です。

老化や癌、生活習慣病の予防にと健康効果のみならず、美肌やダイエットなどにも優れるとして、米ぬかは期待されている食品です。

米ぬかは、ぬか漬けはもちろんのこと、こめ油や化粧品などにも利用されています。最近では、米ぬかを食品や牛乳などに混ぜて食べられています。

今回は、米ぬかの特に注目されている栄養と、その効果をご紹介します。

米ぬかの注目の栄養素!フェルラ酸 - アルツハイマー病予防や美白効果

米ぬかに含まれる栄養には、ポリフェノールの一種である、フェルラ酸が含まれています。

フェルラ酸の注目される効果は、抗酸化作用、アルツハイマー病予防、美白、成長促進作用などです。

フェルラ酸は強力な抗酸化作用で、脳内に蓄積するとアルツハイマー病の原因となる、β-アミロイドペプチドの分解を促します。そして、脳細胞を保護してアルツハイマー病や脳の老化を予防する効果があります。

また、フェルラ酸は美白効果にも優れる栄養です。チロシナーゼの働きを抑えて、メラニン色素の生成を抑制し、シミやソバカスができるのを防いでくれます。

フェルラ酸の抗酸化作用を利用して、食品の酸化防止剤や化粧品、医療品などにも使用されいます。また、美白だけでなく有害な紫外線を吸収する作用もあるため、日焼け止めにも含まれています。

フィチン酸も含む - 米ぬかは血栓や尿路結石を防ぐ効果あり

米ぬかの栄養には、フィチン酸が含まれています。フィチン酸は、イノシトール-6-リン酸とも呼ばれるリン化合物です。

フィチン酸は、血小板の凝集を抑制して、血栓を予防する効果のある栄養です。そのため、動脈硬化や心筋梗塞などのリスクの低下につながります。

また、フィチン酸には、尿路結石や腎結石を予防する効果もあります。フィチン酸が、カルシウムと結合してカルシウムの結晶化を防ぎ、尿中のカルシウム濃度を低下させます。その結果、結石の発生を防ぐことができます。

米ぬか特有のγ-オリザノール - 自律神経整える、コレステロールの低下

米ぬかには、γ-オリザノールが含まれています。γ-オリザノールは、ポリフェノールの一種で、米ぬかに含まれる特有の成分です。

γ-オリザノールには、自律神経を整える効果があります。自律神経の働きをサポートして、自律神経失調症の改善や、更年期障害の緩和、さらに抗ストレス作用にも有効です。

また、γ-オリザノールは、血中のコレステロールの低下にも効果のある栄養です。脂質の吸収抑制や、悪玉コレステロールを低下させる働きが、脂質異常症の予防に有効と期待されています。

血管を広げる作用もあるため、ビタミンEとともに血流を良くします。

GABAも含まれている - リラックス効果、血圧を下げる栄養

米ぬかにはアミノ酸の一種である、GABAも含まれています。

GABAは、リラックス効果がある栄養。副交感神経の働きを強め、興奮時に分泌されるアドレナリンやドーパミンの分泌を抑制します。その結果、心身をリラックスさせ、神経を鎮めてストレスの解消を促します。

また、脳内の血流を促して酸素を行き渡らせるため、脳細胞の働きを高めて、集中力や記憶力の向上にもつながります。

GABAには血圧を下げる効果もあります。ナトリウムの摂りすぎは、血圧の上昇につながります。GABAが腎臓の働きを高め利尿作用を促してナトリウムを排出するため、高血圧の予防や改善に効果的です。

米ぬかにはイノシトールも含まれている - 脂肪肝の予防に効果

米ぬかの栄養には、糖アルコールの一つである、イノシトールも含んでいます。

イノシトールには、脂肪肝の予防や、神経細胞の働きを正常に保つ作用があります。

イノシトールは「抗脂肪肝ビタミン」とも呼ばれる成分です。脂肪の流れを良くして、肝臓に余分な脂肪が蓄積するのを防ぐ働きや、蓄積した脂肪を取り除く働きもあります。そのため、脂肪肝や肝硬変の治療薬として用いられています。

血中のコレステロールの低下にもイノシトールは効果があるため、動脈硬化の予防にも有効です。

米ぬかの食物繊維が便秘を改善 - 食べ過ぎ防止にも役立つ栄養

米ぬかは、食物繊維も豊富に含む食品です。

食物繊維は、便の量を増し腸の蠕動運動を促して、便秘を予防する栄養です。便秘を改善することで、体内の老廃物も排出するデトックス効果とともに、新陳代謝の向上や、肌荒れの予防にも有効です。

米ぬかの食物繊維は、不溶性が大半を占めています。米ぬかと水分を一緒にとると水分を吸って膨らむため、満腹感が得られ食べ過ぎを防止することができます。

ビタミンB群やミネラルも - 全食品の中でトップクラスの栄養を含む!

米ぬかは上記の栄養以外にも、ビタミンB群やミネラル類も豊富です。これら栄養の中には、100g中全食品の中でトップ10入りしている成分がいくつも含まれています。

ビタミンB群では、ビタミンB1B2ナイアシンが。ミネラルでは、マグネシウム、リン、マンガンが全食品の中でトップクラスの含有量を誇ります。

ビタミンB群は三大栄養素の代謝をサポートする栄養で、新陳代謝を活発にする効果があります。ミネラル類は骨を丈夫にしたり貧血を予防したりと、さまざまな効果があります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク