セージsage

さわやかな香りが魅力的!セージの効能や効果をご紹介

セージの効能と効果

独特のさわやかな香りを持つハーブ、セージ。

和名は「セイヨウサルビア」「ヤクヨウサルビア」とも呼ばれ、さまざまな精油成分を含み、その効能は薬に匹敵すると古代より愛されてきました。

また、肉や魚料理の臭み消しの効果や、ハーブティーアロマテラピーとしても利用されています。

今回は、そんなセージの効能や効果を詳しくご紹介していきましょう。

高いリラックス効果 - 穏やかな気持ちに導く香り

セージには、高いリラックス効果があります。

セージには、有機化合物の一種シオネールが含まれており、深いリラックス効果をもたらす成分です。イライラやココロを落ち着かせ穏やかな気持にします。

また、深いリラックス感を得られることで、睡眠不足の解消、ストレスの解消、さらには、食品や化粧品の香料、咳止めなどにも利用されています。

穏やかな鎮痛効果 - 生薬に利用される成分を含む

セージには、穏やかな鎮痛作用があります。

セージには、ボルネオールという香り成分を含み、喉痛み、歯肉炎、歯の痛みなどを抑える効能があります。

ボルネオールは「竜脳(りゅうのう)」と呼ばれ、さわやかな香りが特徴。漢方薬やアロマテラピーにも活用され抗ウィルス作用もあります。

殺菌効果で防腐剤にもなる - 食品の防腐剤にも利用

セージには、殺菌効果があり天然の防腐剤として、食品の防腐剤に利用されています。

これはセージの香り成分であるカルノシン酸の効能で、強力な抗酸化作用をも持ち、紫外線から皮膚を守る効果や、免疫力の向上にも有効です。

消臭に優れた効能を持つ - 発汗も抑えてくれる

セージは、消臭に優れた効能があり、口臭や体臭、ワキガの予防に効果的です。

また、肌の収れん作用もあることから、毛穴の目立ちを解消する効能や、さらに発汗を抑える作用もあり、古くは寝汗を抑えるために利用されました。

これらは、紅茶などに含まれる渋みの成分タンニンの効能で、デオドラント製品の有効成分としても使われるほどです。

消化を促進してくれる効能 - 胃のもたれにも効果あり

セージには、消化を促進する効能があります。

消化を促す消化酵素の分泌促進や、食欲を増進する効能もあり、の働きをめ胃もたれにも効きます。

また、胃の荒れ、腹痛、お腹のハリなどの症状を緩和する効果もあります。

夫人系の悩みを解決! - 女性ホルモンに似た働きを持つ効果

セージには、生理不順生理痛を抑える働きがあります。

セージは、血液の循環を促がす効能や、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きもあるため、更年期障害の予防にも効果的です。

セージは、つらいPMSにも効果的で、女性特有の悩みを解決する働きがあります

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク