なまこの旬は?

なまこsea-cucumber

なまこの旬の時期は12~2月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 なまこ 分類 棘皮(きょくひ)動物
旬の時期 12~2月ごろ 主な産地 北海道、青森など
効果 貧血予防、神経の正常化、代謝の活発化など(詳しくはなまこの効果へ)

なまこの旬は12~2月の冬の寒い時期

なまこの旬は12月から2月の冬の時期です。

なまこは一年を通して獲れますが、冬の旬の時期に獲れたものが身の引き締まりがよく、おいしいといわれています。

なまこと同様、冬の時期に旬を迎える魚介類は、牡蠣海苔、ヤリイカ、しじみぶりなどがあります。

なまこは、全世界にて1,500種類いますが、日本にはその中の200種類が生息しています。

食用としてのなまこは青なまこと赤なまこがありますが、日本でなまこが食用とされていた歴史は古く、古事記にもなまこが食べられていたことが記載されています。

その当時は、なまこは漢方薬としても使用されていました。中国でも、昔から「海の人参」として滋養強壮に役立つと親しまれていました。

なまこにはビタミンB12マグネシウムミネラルなどの栄養価が豊富に含まれています。

美味しいなまこを選ぶには、旬の冬の時期に、太くて短くイボがはっきりしていて硬いものを選ぶと良いです。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク