食品・食材種実類 一覧ごま栄養効果
ごまsesame

ごまの栄養とカラダへの優れた効果3選

ごまの栄養と効果

古くからごまは栄養価の高い食品として知られ、生薬としても用いられてきました。

近年でも食用はもちろん、食用油や薬味としても広く利用されていますね。

今回はそんなごまの栄養と効果についてご紹介します。

昔から利用されてきたごまですが、実は現代人が不足しがちな栄養素を多く含んでいました。

コレステロールの上昇を抑制 - 不飽和脂肪酸が豊富に!

ごまで注目すべき栄養は不飽和脂肪酸です。

ごまにはリノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸が多く含まれています。

これらの不飽和脂肪酸は、血中コレステロールの上昇を抑える効果があります。

ちなみに、リノール酸やオレイン酸は人体では合成できない栄養素ですので、積極的に摂取していきたい栄養素ですね。

老化防止、がん予防、動脈硬化の予防 - セサミン、セサミノール

ごまでもう一つ押さえておきたい栄養素はセサミンとセサミノールです。セサミンはなんとなく聞いたことがありますね。

セサミン、セサミノールは抗酸化物質の一つで、共に強い抗酸化作用を持っています

ごまに含まれるセサミン、セサミノールの抗酸化作用により、老化防止、がん予防、動脈硬化の予防に効果があります。

ビタミンB1も豊富に!糖質をエネルギーに変える効果、夏バテ防止も

ごまに含まれるビタミンB1も無視できない栄養素です。

ごまはビタミンB1を多く含みます。ビタミンB1は炭水化物(糖質)をエネルギーに変える効果を持っています。

ビタミンB1は糖質を効率的にエネルギーに変えることから、夏バテ防止にも効果的ですね。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク