食品・食材しいたけ栄養効能
しいたけshiitake

しいたけの栄養がすごい!知られざるしいたけの栄養と効能

しいたけの栄養と効能

ほのかな香りと肉厚の身が特徴のしいたけ。

数あるきのこの中でも定番中の定番で、焼いてよし、煮てよしの万能食材です。

今回はそんなしいたけについて、その栄養と効能をご紹介します。知っているようで知らないしいたけの魅力をぜひ、ご堪能下さい。

特有の栄養成分βグルカン - コレステロールの上昇を抑える効能

しいたけにはβグルカンという成分が含まれています。

βグルカンとは、しいたけなどのきのこ類に含まれている栄養成分で、多糖類の一種です。

βグルカンは免疫力を高めたり、コレステロール値の上昇を抑える効能があります

また、しいたけにはエリタデニンと呼ばれる物質が含まれており、こちらもβグルカン同様、コレステロールの上昇を抑える効能があります。

食物繊維も豊富! 腸内環境を整える効能

しいたけには食物繊維が豊富に含まれています。

しいたけにはさつまいもじゃがいもに匹敵するほどの食物繊維が含まれています。これはちょっと驚きですね。

食物繊維は第6の栄養素と呼ばれ、腸内環境を整える効能があります。また、腸内環境を整えることで、便秘の予防や大腸がんの予防にも効果的です。

関連記事:腸内環境を整える7つの方法 - スッキリ快調を目指そう!

エルゴステロール - 紫外線に当たるとビタミンDに変化

しいたけにはエルゴステロールという物質も含まれます。

エルゴステロールはステロールの一種で、紫外線に当たるとビタミンDに変化します。なんとも面白い物質ですね。

ビタミンDには、骨を健康に維持する効果や血中カルシウム濃度を維持するなどの効能があります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク