食品・食材しめじ栄養効能
しめじshimeji

【しめじの栄養】あなどれない!しめじの優れた栄養と効能5選

しめじの栄養と効能

秋の味覚の一つであるしめじ

しめじは味にクセがなく、和洋中といろいろな料理で食することができます。

ダイエット中の方にとってしめじは特にうれしい食材ですね。しめじの噛みごたえが満腹感を与えるだけでなく、低カロリーで栄養価も高く優れています。

今回はそんなしめじについて、栄養とその効能についてご紹介します。

注目の成分!βグルカン - 免疫力を高める効能、がん予防

しめじにはβグルカンという成分が含まれています。

βグルカンは、しいたけなどのきのこ類や酵母に多く含まれる多糖類の一種で、食物繊維の仲間です。

βグルカンには、免疫力を高める効能があるため、風邪の予防やガンを抑制する効能などがあります。

コレステロールの上昇を抑制する効能 - 食物繊維の働き

しめじには第6の栄養素の一種である、食物繊維が含まれています。

しめじと主なきのこ類の食物繊維含有量の比較

「日本食品標準成分表2015」より (可食部100gあたり)

上のグラフはしめじ(ぶなしめじ)と他のきのこ類の食物繊維含有量を比較したグラフです。きのこ類の中ではまつたけしいたけに比べると少ないですが、しっかりと食物繊維が含まれていることが分かります。

食物繊維は栄養素的に野菜や穀物に含まれるイメージがありますが、きのこ類にもきちんと含まれているのですね。

食物繊維には、血中のコレステロールの上昇を抑制する効能があり、動脈硬化の予防に効果があります。

また、食物繊維にはの環境を整える効能もあり、便秘解消にも効果があります

リジンも含まれる - 疲労回復の効能、カルシウムの吸収促進

しめじにはリジンという栄養素が含まれています。

リジンは必須アミノ酸の一種で、タンパク質の吸収を促進したり、糖質(炭水化物)の代謝を促すため、疲労回復の効能があります。

リジンには、カルシウムの吸収を促す働きや、体の組織の修復や成長を助ける効能などもあります。

うまみ成分グアニル酸 - 生活習慣病の予防や改善効能

しめじには、きのこ類特有のうまみ成分である、グアニル酸が含まれます。

グアニル酸は、血小板の凝集を抑制する働きや、血中のコレステロール値を下げる効能があります。

グアニル酸には、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病予防の効能があります。

エルゴステロール - ビタミンDとなり骨を丈夫にする

しめじにはエルゴステロールが豊富に含まれています。

エルゴステロールは、しいたけなどのきのこ類に多く含まれ、ビタミンD(ビタミンD2)の前駆体になります。

ビタミンDには、カルシウムやリンの吸収を促がして骨を丈夫にします。

また、しめじには骨の形成に必要なマグネシウムも含まれます。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク