食品・食材魚・魚介類 一覧あさり栄養効能
あさりshortnecked-clam

あさりについて知っておくべき3つの栄養と効能

あさりの栄養と効能

日本では貝類の定番とも言えるあさり。

お味噌汁はもちろん、酒蒸し、深川飯、クラムチャウダーなんかにも使われる人気者ですね。

今回はそんなあさりについて。あさりの栄養と効能を詳しくご紹介します。

日常良く食べる馴染み深い食材ですので、ぜひ押さえておきましょう。

鉄分、ビタミンB12が豊富 - 貧血の予防、肝臓の機能を強化

あさりには鉄分ビタミンB12といった栄養が多く含まれています。

あさりに含まれている鉄分はヘモグロビンの構成成分となり、ビタミンB12はヘモグロビンが合成されるのを助ける補酵素となる働きをします。

鉄分、ビタミンB12はいずれも貧血を予防する効能があり、ビタミンB12には肝臓の機能を強化したりする効能もあります。

ちなみに、鉄分はビタミンCと摂るとカラダへの吸収率を高める働きがあります。ぜひ、覚えておきましょう。

あさりにはタウリンも豊富! 血圧を下げる効果、生活習慣病予防にも

あさりにはタウリンも豊富に含まれています。

タウリンとは、含流アミノ酸の一種で、筋肉や胆汁酸と結合して存在している栄養です。

タウリンには、肝臓の機能を正常にする効果やコレステロール、血圧を下げる効能もあります。

また、これらの効能から、動脈硬化をはじめとした生活習慣病の予防も期待できます。

亜鉛も豊富に! 新陳代謝の促進、味覚の正常化、生殖機能の向上に

あさりには亜鉛も豊富に含まれています。

あさりに含まれている亜鉛はミネラルに分類される栄養素の一種で、新陳代謝を促したり、味覚を正常に保つ効能があります。

また、別名「セックスミネラル」とも呼ばれ、生殖機能や性欲を正常に保つ効能も期待できます。

亜鉛は不足しがちな栄養ですので、こまめに摂取していきたいですね。あさりのほかに、牡蠣、からすみ、レバー牛肉の赤身などに多く含まれています。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク