食品・食材そば栄養効能
そばsoba

そばの栄養は? そばがもたらす優れた効能4選

そばの栄養と効能

そばの栄養や効能に迫ってみたいと思います。昔から私たちの食生活に馴染みの深いそば。

夏場にさっぱり食べれる「ざるそば」や、そばの香りを楽しむ「そばかき」など、さまざまな食べ方でその魅力を味わうことができます。

そばは、穀物類の中では栄養価が高く、良質な栄養素がたっぷり含まれています。

今回は、そんなそばについて、そばに含まれる栄養と効能をご紹介します。

ルチンで血管を丈夫に!- 動脈硬化予防、血圧を下げる効能

そばにはルチンが豊富に含まれています。

ルチンには、毛細血管を丈夫にし、動脈硬化の予防や血圧を下げる効果があるため、生活習慣病の予防に有効と期待される成分です。

ルチンは、ポリフェノールの栄養素の一種で、強い抗酸化作用があります。

良質なタンパク質が含まれる - 成長ホルモンを合成する効果

植物性のタンパク質もそばには含まれています。

そばは、タンパク質を構成しているアミノ酸のバランスがよく、中でもリジンが豊富に含まれています。

リジンは成長ホルモンを合成したり、体の組織の修復や成長に関与しています。

通常、リジンは動物性のタンパク質に多く含まれている成分です。そのため、植物性のそばに、リジンが含まれているのは珍しいことです。

ビタミンB1も含有 - 疲労回復や精神を安定させる効能

そばにはビタミンB1も含まれています。

ビタミンB1には、炭水化物(糖質)をエネルギーに変える栄養素で、疲労回復の効能があります。

またビタミンB1には、脳や神経の機能を維持する役割を担うため、イライラを解消するなど、精神を安定する効能があります。

食物繊維で腸内環境を改善、便秘の解消

そばには食物繊維の一種、ヘミセルロースが含まれています。

ヘミセルロースには、腸内の善玉菌を増殖させる働きがあります。そして腸内環境を整える効能や、便秘の解消に効果があります。

ヘミセルロースは、ごぼうに多く含まれている栄養です。

そば湯は飲むのがおすすめ!溶け出た栄養もしっかりと摂ろう

そばの茹で汁には、水溶性の栄養素が溶け出しています。

なかでもルチンは水溶性のビタミンなので、茹でるとせっかくの栄養成分が流れ出てしまいます。そばに含まれるルチンなどの栄養を無駄なく摂るには、そば湯を飲むのがおすすめです。

また、お蕎麦屋さんによっては、そば粉をお湯で溶いて提供してくれるところもあります。蕎麦の風味を楽しむには食べるだけでなく、そば湯の風味も味わいましょう。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク