もち麦の栄養と効果

食品・食材もち麦栄養効果
もち麦sticky-barley

話題のもち麦!もち麦に含まれる栄養と効果について

もち麦の栄養と効果

食べるだけでダイエット効果が得られると、注目されているもち麦。

もち麦は、もちもちぷちぷちとした食感で冷めてもおいしい、しかも穀類なのにダイエット効果もあると店頭で品切れになるほど人気を集めています。

もち麦で注目されている効果は、便通やダイエットですが、その他にはどのような栄養や効果があるのでしょうか。

今回は、もち麦に含まれるおもな栄養と効果をまとめました。

もち麦とはどんなもの?

もち麦は大麦のことです。

もち麦には、お米と同じく「うるち性」と「もと性」があり、もち性の大麦がもち麦と呼ばれています。

うるち性ともち性のおもな栄養素の違いは、もち性の大麦の方が水溶性食物繊維(β-グルカン)の量が5割ほど多く含まれています。

注目の成分β-グルカン - 便秘の解消、整腸作用、免疫力のアップ

もち麦に含まれる栄養素でもっとも注目されているのが、β-グルカンです。

β-グルカンは、水溶性の食物繊維で腸内細菌の餌となって、腸の調子を整える効果があります。

腸の調子をが整えられると腸内細菌のバランスも整い便秘の改善に有効です。

また、腸内環境が整うことで、免疫力のアップ、アレルギー生活習慣病の予防、美肌効果などにもつながります。

もち麦に含まれる水溶性食物線維の量は、白米の25倍、玄米の4倍も多く、もち麦は穀類の中でも水溶性食物繊維が多く含まれています。

もち麦の食物線維の割合は、不溶性食物繊維2~3g、水溶性食物繊維7~9gとなります。

血糖値の上昇を穏かに - 糖尿病・メタボ予防、ダイエット効果

もち麦に含まれるβ-グルカンの効果には、血糖値の上昇を穏かにする働きがあります。

β-グルカンは、食べたものの消化吸収を穏かにし、さらにβ-グルカンはゲル状となってコレステロールを包み込み消化されずに体外に排出する働きがあります。

これらの働きが、血糖値の急な上昇やインスリンの分泌を抑えるため、動脈硬化や高血圧の予防、糖を脂肪としてため込むのを防ぎ肥満を予防する効果があります。

また、上記の効果に加え便秘を解消することもダイエットにつながります。

マグネシウムやカルシウムも含む - 丈夫な骨作りに必須のミネラル

もち麦にはマグネシウムカルシウムも含まれています。

マグネシウムやカルシウムは丈夫な歯や骨を作る大切なミネラルで、成長期や骨粗鬆症予防に重要な栄養素です。

白米に比べ、マグネシウムは9倍、含まれる量はそれほど多くありませんがカルシウムは17倍も含まれています。

カリウムは白米の約3倍 - むくみを予防、余分な塩分を排出

もち麦にはカリウムが含まれており、白米の約3倍近くの含有量です。

カリウムは、体内の過剰なナトリウムを体外へ排出し、むくみを予防する効果があります。

また、塩分の摂り過ぎは高血圧を招くため、塩分過多になりやすい現代人の食生活には大切なミネラルです。

また、もち麦に含まれるミネラルには、貧血予防の鉄分、味覚障害を予防する亜鉛なども含んでいます。

ビタミンB群も含む - 三大栄養素の代謝促進、美肌効果

もち麦には、量は少ないながらもビタミンB1B2B6が含まれています。

ビタミンB1、B2、B6には、三大栄養素の代謝を促進し、エネルギーを作る働きがあります。

脳や神経の機能を維持したり、脂質の代謝も促すので肝臓に脂肪がたまる脂肪肝を予防する効果があります。

また、お肌のターンオーバーを正常に保つため美肌効果もあります。

白米にもち麦3割の主食で食物繊維不足を解消!

「白米7:もち麦3」と、白米にもち麦3割を加えた主食を、一日2食を食べるだけで一日の食物繊維の摂取量がグッと上がります。

日本人女性の食物繊維の一日の摂取目安は18gとしています。サラダなどで食物繊維をとっているようで、意外と量は少ないそうです。

また、不溶性食物繊維を多く摂りすぎるとかえってお腹が張る原因にもなり、便を柔らかくしてくれる水溶性食物線維の摂取は大切です。

もち麦だけでなくその他、サラダやお味噌汁やスープなどで、野菜や海草などの副菜をバランスよく食べると、一日に必要なの食物繊維を補うことができます。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク