いちごの旬は?

いちごstrawberry

いちごの旬の時期は12~5月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 いちご 分類 バラ科オランダイチゴ属
旬の時期 12~5月ごろ 主な産地 栃木、福岡、熊本など
効果 動脈硬化予防、視力の回復効果、美肌効果、など(詳しくはいちごの効果へ)

いちごの旬は12~5月 ハウスと露地栽培で、長期間たべられる

いちごの旬は12~5月ごろです。

いちごはハウスと露地栽培があり、ハウスの旬が12~4月、露地が4~5月ごろに旬を迎えます。

また、いちごは品種が多く、産地や品種でそれぞれ旬が異なります。

品種ごとのいちごの旬は以下の通りです。

種類 備考
とちおとめ 12~5月 東日本でトップシェアを誇る。粒が大きく甘みが強い。
あまおう 12~4月 果実が大きく、酸味が少なく甘い。福岡を代表する品種。
女峰 12~4月 甘酸っぱく香りが良い。日光の女峰山より名づけられる。
紅ほっぺ 12月中旬~5月上旬 果肉はやや固くしっかりとした食感。甘みと酸味のバランスが良い。
ロイヤルクイーン 12~5月中旬 果肉まで濃い赤色で形が不揃いの大粒いちご。与える水分を抑え甘みを蓄える。
ダイアモンドベリー 12月下旬~3月下旬 鮮やかな紅色で長円錐型。程よい酸味でさっぱりとした味わい。
初恋の香り 12~5月中旬 果肉が白く糖度が高い。紅白で合わせ贈答用の需要が高い。
サマーティアラ 6~11月

品薄になる夏秋の時期に収穫できるようにした、山形オリジナルの品種。主にケーキやお菓子用に開発。

いちごは水気に弱いので、洗わず重ならないように容器に入れ、ラップをかけて冷蔵庫で保存します。

いちごは、果実が鮮やかな赤色でハリとツヤがあり、ヘタの近くまで赤く、表面のつぶつぶがくっきりしているものが、おいしいとされています。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク