食品・食材さつまいも栄養効果
さつまいもsweet-potato

ホクホク美味しい!さつまいもの栄養と効果について

さつまいもの栄養と効果

さつまいもの栄養と効果をご紹介します。ホクホクした食感と甘味が特徴的なさつまいも。焼き芋はもちろん、サラダやデザートなど幅広い料理に利用されていますね。

さつまいもと言えば、食物繊維というイメージがあるかと思います。もちろん、さつまいもには豊富な食物繊維が含まれており、その栄養の検証もこの記事では行っていきます。

また、さつまいもには食物繊維以外にも、優れた栄養が豊富に含まれています。

今回は良く知られている食物繊維に加えて、あまり知られていないさつまいもの栄養と効果、その魅力についてご紹介します。

食物繊維が便秘解消、大腸がん予防に期待 - 食物繊維の効果

さつまいもには第6の栄養素と呼ばれる食物繊維が豊富に含まれています。これはみなさんイメージされている通りですね。

さつまいもと主ないも類の食物繊維含有量の比較

「日本食品標準成分表2015」より (可食部100gあたり)

ちなみにどれくらい食物繊維が含まれているかというと、100gあたり3.0g(生、皮つき)です。他のいも類と比較しても豊富な含有量を誇ります。やまといもとほぼ同等、じゃがいもヤーコンと比較すると約3倍の含有量になっています。

ちなみにこのグラフでは便宜上、生での栄養の比較を行っています。蒸した場合は含有量は変わります(通常は増えます)が、それでもじゃがいもの約2倍の含有量を誇ります。やはりさつまいもは、みなさんがイメージされている通り、食物繊維を多く含む食材なんですね。

ちなみに、さつまいもには不溶性食物繊維のセルロースという栄養が多く含まれています。セルロースはを刺激し、便通を促進、便秘を解消する効果が期待できます。また、腸をきれいにするため、大腸がんの予防も期待されています。

さつまいも唯一の栄養成分ヤラピン - 便の緩下(かんげ)作用

さつまいもで特に注目の栄養成分が、ヤラピン(切り口から出る白い液体)です。

このヤラピン、唯一さつまいもにしか含まれていなそうです。とても貴重な栄養ですね。

ヤラピンは腸の蠕動(ぜんどう)運動を促進し、便をやわらかくする効果(緩下作用)があります。

さつまいもが便秘に効果的なのは、食物繊維とヤラピンの相乗効果が大きいと言われています。

ガン細胞を抑制する成分ガングリオシド - がん予防

さつまいもには、ガンクリオシドという成分が含まれています。

ガングリオシドは、人間の脳やカラダに存在する糖脂質の一種です。ガングリオシドは、がん細胞の増殖を抑える働きがあり、がん予防の効果が期待されています。

また、ガングリオシドは認知症の予防、抗菌作用、アンチエイジングの効能なども期待されています。

ビタミンCはイモ類でトップ!- 抗酸化作用、美肌効果

さつまいもの栄養でもう一つ注目すべきは、ビタミンCです。

さつまいものビタミンCはイモ類でトップの含有量です。ちょっと驚きですね。

ビタミンCは抗酸化作用を持つ栄養で、皮膚や血管の老化を防ぐ効果があります。また、ビタミンEも含まれダブルの効果で肌に潤いを与え、美肌効果も期待されます。

さらに、ストレスを軽減させる作用、美肌効果、免疫力を向上させる効能などもあります。

じつはカリウムも豊富 - 高血圧予防、むくみ防止

さつまいもにはカリウムという栄養も豊富に含まれています。

カリウムは余分なナトリウム(塩分)を排出するので、高血圧の予防、むくみ防止に効果があります。

また、カリウムは筋肉の収縮を正常に行う栄養としても知られています。

ダイエットの味方 - 豊富なビタミンB群とミネラルの効果

さつまいもの栄養はビタミンB群、ミネラルも含まれます。

特にさつまいもに含まれるビタミンB群の栄養が優秀で、ビタミンB1ビタミンB2ビタミンB6ナイアシン葉酸パントテン酸とかなり豊富に含まれています。

ビタミンB群の栄養には様々な効果・効能がありますが、エネルギーの代謝が良くなり、太りにくくダイエット効果が期待されます。

また、脳や神経機能を維持する効能、髪や爪、粘膜を健康に保つ効果、ホルモンの分泌を高める働きなどがあります。

また、さつまいもはカルシウムも多く含んでおり、骨や歯を丈夫にする働きがあります。

さつまいもは皮に栄養が、皮まで美味しく食べよう!

さつまいもは実にも豊富な栄養が含まれていますが、栄養の多くは皮、または実と皮の間に多く含まれています。

特に、ビタミンCやカルシウムといった栄養は皮に、ヤラピンは皮と実の間に多く含まれます。

ビタミンCは本来、熱に弱い栄養ですが、さつまいもの皮のデンプンにガードされ熱に強くなるという特徴があります。

こうした理由から、さつまいもは皮をむいて食べるのはもったいないですね。なるべく皮まで食べれる調理法で、無駄なく栄養を取り込むことが大切です。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク