食品・食材魚・魚介類 一覧マグロ栄養効果
マグロtuna

【マグロの栄養】魚不足解消に役立つマグロの栄養と効果4選

マグロの栄養と効果

口の中でスーッととろけるトロ、ツウが好む深い味わいのある赤身。

マグロは刺身や寿司ネタとして人気の高い魚ですね。

スーパーでも刺身として売られていることが多く、手軽に食べられるため、魚不足解消にはもってこいの食材だと思います。

今回はそんなマグロについて、その栄養と驚きの効果を4つご紹介します。

トロにはDHA、EPA! 動脈硬化や高血圧などの予防に効果的!

マグロには、不飽和脂肪酸であるDHAEPAという栄養が豊富に含まれています

DHAやEPAは、マグロのトロの部分に多く含まれ、血管そのものの柔軟性を高め、血栓を溶かす働きがあります。

そのため、DHAやEPAは、動脈硬化や脂質異常症、高血圧の予防に効果的です。

良質なタンパク質を含む赤身 - 筋肉や皮膚、髪などを正常に保つ効果。

マグロには良質なタンパク質が多く含まれています。

タンパク質が多いのはマグロの赤身の部分。

マグロの赤身は栄養の宝庫で、本マグロの赤身は牛肉豚肉よりもタンパク質が多く含まれています。これはちょっと驚きですね。

マグロの赤身に含まれるタンパク質は、筋肉や臓器、皮膚、髪などを正常に保つ効果があります。

赤身にはセレンも! 抗酸化作用で老化防止、がん予防

マグロにはセレンという栄養素も豊富に含まれています。

セレンもマグロの赤身部分に多く含まれ、ミネラルに分類される栄養素の一つです。

セレンには抗酸化作用があり、老化防止、免疫力を高める、がん予防などの効果が期待できます。

血合いにはタウリン! 肝機能向上、血圧を下げる効果

マグロにはタウリンも豊富に含まれています。このタウリン、栄養ドリンクなんかでよく耳にしますね。

タウリンはマグロの血合い部分に多く含まれます。血合いとは、魚の筋肉のうち赤色筋繊維という細胞が多く集まった部分で、赤身同様、栄養を豊富に含む部位です。

マグロの血合いに多く含まれているタウリンは、肝機能を高める効果、血圧を下げる効果、コレステロール値を下げる効果などがあります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク