食品・食材果物 一覧梅干し栄養効果
梅干しumeboshi

梅干しの効果がとんでもない!「医者いらず」といわれる梅干の栄養と5つの効果

梅干しの栄養と効果

日本では昔からおにぎりやお弁当などで愛されてきた梅干し。

中にはなんか古臭いから嫌!と敬遠する人もいると思いますが、あなどるなかれ、梅干しには私たち現代には見過ごせない素晴らしい効果、効能があるのです。

今回はそんな梅干しが持つ栄養とカラダへの効果についてお伝えしていきます。

エネルギーチャージ!疲れたときには梅干しを

梅干しにはクエン酸を含む有機酸とよばれる成分が豊富に含まれています。

梅干しの酸っぱさの原因はこの有機酸によるもので、エネルギーを補給するのに効果的です。

血糖値を下げる効果あり 糖尿病、高脂血症予防に

梅干しにはインスリンの効果を高める働きがあります。

インスリンとは膵臓から出る体内ホルモンの一つで血糖値を下げる働きをします。

梅干しを食べることでインスリンの働きを高め、血糖値を下げるため、糖尿病や高脂血症の予防につながります。

腸内環境をスッキリ!整腸作用と殺菌作用

梅干しの中に含まれているカテキン酸は抗菌、殺菌作用があると言われています。

腐敗防止や食中毒の予防に役立つとともに、腸内環境を整える整腸作用も認められます。

便秘解消の効果も 毎朝一粒の梅干しを

梅干しに含まれているクエン酸は便秘解消にも効果的です。

梅干しに含まれているクエン酸は体内に入るとTCAサイクルが活発化し、カラダを酸性からアルカリ性に変える働きがあります。

その際、腸に届いたクエン酸はぜんどう運動を誘発し、これにより便秘が改善されます。

二日酔いにも効果的!乗り物酔いにもおすすめ

こちらも梅干しに含まれているクエン酸の効果のひとつ。

疲労回復とともに二日酔い肝臓を酷使している人にも効果的です。

また、二日酔い同様に車酔い、船酔いなど乗り物酔いにも効果を発揮します。

梅干しは一日1粒を目安に 塩分の取りすぎに注意!

梅干しは医者いらずといわれるほどカラダに良い食べ物ですが、一日1粒を目安に食べてください。

梅干しは塩分が非常に多く、食べ過ぎると高血圧や動脈硬化などを招く恐れがあります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク