ぶりの旬は?

ぶりyellowtail

ぶりの旬の時期は12~2月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 ぶり 分類 アジ科ブリ属
旬の時期 12~2月ごろ 主な産地 長崎、石川、島根、鳥取など
効果 細胞の正常化、脳梗塞、脳卒中予防、中性脂肪の低下(詳しくはぶりの効能へ)

ぶりの旬は12~2月の冬!

ぶりは12月~2月ごろに旬を迎えます。

ぶりは成長とともに名前が変わることから「出世魚」ともいわれ、お祝い時の魚としてお正月にも楽しまれます。

ぶりの旬は冬ですから、ちょうどお正月の時期は、ぶりがおいしいときでもあるのです。

ぶりは、年間を通して楽しめる魚ですが、特に3月に多く店頭に並べられます。需要が高いため、各地で養殖が行われ、全国の2割以上を鹿児島県が生産しています

ぶりと同様に冬に旬を迎える魚には、キンキ、たらあんこう金目鯛などがあります。

ぶりは脂質や、良質なタンパク質を多く含み、特に脂質には、他の青背の魚の中でも特筆して高く、不飽和脂肪酸のDHAやEPAを多く含んでいます。

これらは、動脈硬化や脳梗塞、生活習慣病を予防する効果があると言われています。

また、ぶりの血合いには、旨味成分のタウリンが通常の3倍の量で含まれ、肝臓に良い効果を及ぼすと言われています。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク