症状・病気あかぎれ原因対策
あかぎれchapped

空気に触れるだけでも痛い!あかぎれの原因と対策とは?

あかぎれの原因と対策

冬場になると症状が出やすい、あかぎれ。

とくに、水仕事では、びりっと指先に激痛が走るためつらい症状です。

手や足が乾燥してカサカサになり、表面の脂質や水分が奪われてひび割れ、パクッと奥く深くまで亀裂が生じてしまうあかぎれ。

日常的によく使う部位にできやすいため、なかなか治りにくくやっかいですね。

今回はそんなあかぎれの原因と対策をご紹介します。

空気の乾燥と気温の低下があかぎれの原因の一つ

冬場になると多くの人が悩まされるように、あかぎれのおもな原因は空気の乾燥です。

さらに、水仕事や洗剤の付着などで、肌の油分がどんどん失われ、内部の水分まで逃げ出してしまい、あかぎれの症状である深い亀裂ができてしまうのです。

空気が乾燥するうえに汗をかかなくなるので、冬場には皮脂膜、つまり天然の保湿クリームがあまり作られなくなってしまいます。

また、冬場の洗い物はお湯をつかうため、皮脂膜が必要以上に流されてしまうことも原因です。

あかぎれ 対策

とにかく保湿を!

あかぎれの対策の一つとして、とにかく保湿が大切です。

あかぎれ対策としては、保湿効果のあるハンドクリームでのお手入れは必須です。血行を促進する効果のあるビタミンE配合もいいですね。

あかぎれやひび割れの症状がひどい場合は、市販薬ではなく、皮膚科で塗り薬を処方してもいましょう。

水仕事をする時は、ゴム手袋や使い捨てのビニール手袋をはめ、肌や患部が濡れないようにし、洗剤などの刺激物が触れないように気を付けましょう。

一時的に、絆創膏を貼るのはいいのですが、貼りっぱなしだと悪化するので注意が必要です。

また、手を洗ったり濡れたときは必ず拭きましょう。自然乾燥は、あかぎれの原因となる角質層の水分まで奪ってしまいます。

暖房を使用するときは、加湿器も一緒に使用するのも効果的な対策です。

血行不良で肌細胞に栄養が行きわたらない

あかぎれのもう一つの原因に、血行不良で栄養が行きわたらないことも挙げられます。

気温が低くなると血行が悪くなり、肌の細胞まで十分な栄養が行きわたらなくなります。

あかぎれが手指や足のかかと、耳にできやすいのは、末端にまで栄養が行きわたりにくいからです。

あかぎれ 対策は…

栄養補給と運動で血行改善を

あかぎれの二つ目の対策は、血行を良くして肌細胞に栄養を行きわたらせる事です。

あかぎれ対策としては、血行不良を改善してくれるビタミンEを積極的にとりましょう。角質層が硬くなるのを防ぐ働きもあります。

ビタミンEはかぼちゃアーモンドのほか、サプリメントで摂るのも効果的です。

シャワーだけでなくしっかり湯船につかり、その後、足先から指先まで、しっかりと水分を拭き取りましょう。

また、保湿クリームを塗りながら、マッサージをして血行を促がして下さい

冬場はいつも以上に運動不足になりやすく血行不良になりがちです。ウォーキングなど手軽な運動をして血流改善を心がけてください。

また、就寝時には、保湿剤を塗り木綿素材の手袋や靴下を着用するのがあかぎれには効果的です。

あかぎれは、なりやすい冬場でも対策をしっかり行えば避けることができます。いずれも簡単に実践できるものなので、生活に取り入れてみてください

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク