症状・病気皮膚炎原因対策
皮膚炎dermatitis

皮膚炎の原因と対策は?皮膚にかゆみを伴う皮膚炎について

皮膚炎の原因と対策

皮膚炎とは、皮膚に現れるかゆみを伴う発疹のことです。

かゆくてたまらないのは何とも嫌なものですが、皮膚炎には多くの種類があり中には原因がいまだに分からないものもあります。

ここでは多くの人が発症している「接触性皮膚炎」「アトピー性皮膚炎」「脂漏性皮膚炎」の3つについて、その原因と対策を紹介します。

今回は、皮膚炎についてお伝えします。

原因① 外的刺激が原因で起こる接触性皮膚炎

接触性皮膚炎の原因は、何らかの刺激が肌に触れることで起こります。

触れた部分には赤いぶつぶつや水泡ができるため、接触した部分とそうでない部分とがはっきり分かれるのが特徴です。

いわゆる、おむつかぶれも接触性皮膚炎の一種です。

原因となる物質は人それぞれですが、植物、金属、石鹸や化粧品の類い、衣類、外用薬などが一般的です。

皮膚炎 対策

対策① かゆみが出る原因を突き止めて、避けるようにする

まずは、かゆみや発疹になるものが、何が原因かを突き止めましょう。

「いつ」「どこで」「何に」触れたかをよく思いだしてみてください。

症状が治まらない場合は、皮膚科への受診が必要ですが、ホームケアとしての対策もあります。

かゆみのある部位は冷やしてなるべくかかないこと、原因となる物質を避ける、肌を清潔に保つことが求められます。

原因② アトピー素因と乾燥肌が原因のアトピー性皮膚炎

皮膚炎には、アトピー性皮膚炎もあります。

治ったと思っていても、かゆみや湿疹をぶり返すのがアトピー性皮膚炎で、遺伝的にアレルギーを起こしやすい体質を持っています。

加えて乾燥肌(ドライスキン)も原因となり、肌のバリア機能が低下して、アレルゲンや微生物が侵入しやすく、皮膚炎になりやすい体質です。

強いかゆみを伴うこともあり、かきこわして悪化するという悪循環に陥ってしまうこともあります。

皮膚炎 対策は…

対策② 症状をいかに抑えるかがポイント

対策としては、皮膚科を受診して症状をコントロールしていくことが必要になっていきます

処方されたステロイド軟膏や保湿クリームを使うのが一般的です。

その他、家庭では肌を清潔に保ち、衣類や寝具は刺激の少ない素材に変え、清潔に保ちましょう。

また、かき壊しを防ぐためには、かゆみがひどい部位を冷やす、爪は短く切る、さらに夜は保湿剤を塗った後に包帯を巻くのがいいでしょう。

原因③ カビの一種が原因の脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎はカビの一種が原因となります。

脂漏性皮膚炎は、頭や顔、わきの下などに赤みやかゆみ、フケのようなものをともないます。

その原因は、赤ちゃんと成人とで異なります。

赤ちゃんの脂漏性皮膚炎は、皮脂の分泌が盛んで毛穴に皮脂がつまりやすいことが原因です。

大人の場合は、体質や環境、ストレスのほか「マラセチア」という一種のカビが原因としてあげられます。

マラセチアはお肌の常在菌ですが、皮脂がマラセチアに分解される時に皮膚を刺激して炎症を起こすと考えられています。

皮膚炎の対策は?

対策③ 原因のカビ「マラセチア」を抑え、肌を清潔に

脂漏性皮膚炎の対策は、肌を清潔にして「マラセチア」を抑えることです。

とくに、成人の場合は、慢性化することも多く早めの受診がおすすめです。

炎症を抑えるステロイド剤とマラセチアの繁殖を抑える抗真菌薬が処方されます。

並行して、皮膚を清潔に保つことが必要です。顔や頭皮はやさしくしっかりと洗い、髪の毛は自然乾燥を避けてドライヤーで乾かしましょう。

また、ビタミンB2B6の欠乏は、脂漏性皮膚炎が悪化すると言われているので、ビタミンB群を食生活に取り入れましょう。

紫外線も肌にダメージを与えるので、年間を通じて日焼けには気をつけましょう。

皮膚炎によって原因と対策が異なりますので、まずはどのタイプの皮膚炎かを見極めることが大事です。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク