症状・病気湿疹原因対策
湿疹eczema

湿疹の原因と対策をチェック!

湿疹の原因と対策

湿疹の多くはかゆみが伴うので、意外にも日常生活に大きな支障をきたすものです。常にどこかがかゆいため違和感とイライラを感じますね。非常に不快な症状です。

また、湿疹した場所を掻いてしまうことで、症状が悪化してしまい、更にかゆくなるという悪循環に陥ることも少なくありません。

今回はそんな湿疹について、湿疹の原因とその対策方法をご紹介していきます。

原因① 接触性皮膚炎 「かぶれ」が原因

湿疹の原因の一つが接触性皮膚炎です。皮膚に、湿疹の原因となる物質が触れることで炎症がおこる、いわゆる「かぶれ」の状況です。

原因となる物質には、化粧品の香料や保存料、紫外線、金属、動物、植物などさまざまなものが考えられます。

物質との接触によって起こるので、お腹や背中というよりも手や顔に首と、衣類で覆われていない部分に湿疹が現れることが多いです。

湿疹 対策

対策① パッチテストを受けて原因物質を明らかにする

対策としては、皮膚科でパッチテストを受けて、湿疹の原因物質を明らかにすることです。

原因物質がわかった時には、もちろん、接触を避けて生活しなければなりません

湿疹の原因物質との接触を防ぐことが、ある程度可能である場合は問題が少ないでしょうが、仕事内容によっては、対策を立てることが難しいケースも考えられます。

医師と連携しながら、上手に薬を併用して、湿疹をコントロールしていくようにしましょう。

また、新しい化粧品やシャンプーを使う前には湿疹を発症させないためにも、腕の内側に少量を塗布し、かぶれることがないか試してから使用することをおススメします。

原因② 食べ物や薬、ストレスも湿疹を引き起こす原因に

口から体内に入った食べ物や、薬が原因となって湿疹が起こる場合があります。

とは言っても、過労やストレスなどさまざまな因子が絡み合って症状が出てくることが多く、原因を追究することは容易ではありません。

アトピー性皮膚炎がこれにあたり、体質も関係していると考えられています。

湿疹 対策は…

対策② 皮膚を保湿してバリア機能をアップ

もともと皮膚が弱い体質を持っている、ということが背景に多くあります。

皮膚のバリア機能が低いというところに、さまざまな憎悪因子が絡み合って発症すると考えられています。

したがって皮膚のバリア機能を低下させないように対策を立てることが大切です。

自分の持っている機能を最大限に出すためには、規則正しい生活をして、睡眠を十分にとることが必要です。そのうえで、皮膚の保湿対策を心がけましょう。

原因③ 異常な皮脂の分泌によって起こる湿疹

わきの下や顔面、頭部など皮脂が比較的に多く分泌される部位に発症し、どちらかというと男性に多く見られます。

思春期や中年以降の男性ホルモンが優位になる時期に、皮脂が増えることが主な原因と考えられていて、「脂漏性湿疹」ともよばれています。

皮膚に住みつくカビが皮脂を分解し、分解によって生じた物質が皮膚炎を起こすとも言われています。

湿疹の対策は?

対策③ 毎日入浴をして、丁寧に皮脂を洗い流すようにする

できるだけ、毎日皮脂をきれいに洗い流すようにして、詰まらないように対策しましょう。

患部を強くこするのは逆効果ですから、あくまでも優しく洗い、頭皮ではシャンプーが残らないようにしっかり流すことも必要です。

シャンプーが残っていると毛根が詰まってしまい、症状の悪化につながります。

バランスのとれた食事も重要で、脂肪分はもちろんのこと、糖分、ナッツ、コーヒー、アルコール、香辛料などの皮脂が増える食品を控えるのも湿疹対策としては効果的です。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク